鬼頭莫宏「のりりん」3巻 感想

ここでは、「鬼頭莫宏「のりりん」3巻 感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死なないために道路交通法とマナーを守ろう。

3巻はまるまる等々力との勝負。
スタートから決着まできっちり1冊に収まっているのでスッキリ読み終えることが出来ました。

勝負はひたすら自転車を漕いで脳内で心理戦や読み合いを繰り広げるようなものではなく、
主人公の丸子さんがヒーヒー言いながら楽しげに自転車を漕いでいました。

また、「去勢されていないモンスターマシン」の解説や走行の技術なども読んでいて楽しかったです。
「去勢されていない~」に使用されている空力フレームの特性や使用されなくなった経緯は「なるほど」といった感じでした。
そんなに現行のものと性能が違うのか、ということも実在のレースの記録で解説しています。

解説は劇中の主人公の友人である自転車の知識が無い人(=読者)の体を取っているためすんなり入り込めます。

あと扉絵の自転車紹介&解説もなかなか興味深かったです。(内容にリンクしています)
勝負と解説のリズムが盛り上がりに貢献しており、凄く楽しく読むことが出来ました。

面白かったです。


マイルスの原稿はどれくらい貯まっているのだろうか…。
季刊誌・不定期・そもそも読んでいないのコンボで全くわからない。

GIGAZINE:狭い面積にデコレーションを山ほど乗せた「萌え博」の痛チャリ
痛自転車
↑タイヤ部分の絵が描いてあるパーツ、実はこれも空力パーツの一つらしいです。
スポンサーロゴやイラストを載せるためアクセサリーだと思っていました…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/877-c0294b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。