冲方丁「マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust-排気 [完全版]」

ここでは、「冲方丁「マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust-排気 [完全版]」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルドゥック・スクランブル[完全版]の最終巻です。

前巻から引き続きカジノ、ブラックジャックでの戦いが繰り広げられます。
バロット達が一人目のディーラーを血祭りに上げたことにより、カジノ最強のディーラー「アシュレイ・ハーヴェスト」がその技術をバロット達に向けます。

後半ではシェル、そしてボイルドとの決着。


ありきたりな言い方ではありますが凄く熱かったです。
アシュレイとの勝負はここでアレが来るかーっ!!と大興奮。
カジノに対する決着のつけ方にもゾクゾクしました。
バロット様に自分の恥部を晒されてあげく叩きのめされたい、という気持ちでいっぱいです。

この「排気」ではバロットの焦り、恐れ、怒りといった感情がストレートに感じられてとてもスリリングでした。
ここまでバロットに共感してしまったら[圧縮](第1巻)読めなくなってしまうよぉ…。
[圧縮]はバロットの過去、どのように生きてきたかをほじくり返されていて辛いんです。


せっかくなのでマルドゥック・ヴェロシティとフラグメンツを購入。
ボイルドのハードボイルドな過去編、「マルドゥック・ヴェロシティ」は1巻を読了しました。
フラグメンツは過去・未来を含んだ短篇集です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/718-35a73cf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。