機動戦士ガンダム00 メカニック-final 感想

ここでは、「機動戦士ガンダム00 メカニック-final 感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版は新規MSは当然のことELSイメージラフ(ELSの記憶)、巡洋艦などの艦艇などのアニメ用カラー設定画が掲載。
また、00のコンペに出された各デザイナーの「ガンダム」も掲載。フラッグやティエレンの企画用イラストも。

メカニック関係はいつも通り可動ギミックからコックピットまでしっかり掲載。
地味にスクリーンを彩ったオーバーフラッグやイナクトの宇宙型、ガガキャノン、ユニオンリアルド ホバータンク ダブルバレル、ELS、ELSジンクス、
ヴォルガ級、ヴァージニア級、ナイル級などなどの艦艇は格納庫デザインとまとめて掲載です。

1st、2ndに比べてインタビューが充実。
海老川兼武さん(エクシア、GN-Xなど)はモニターグラフィックの分も含めると12Pも収録。
このインタビューのうれしいところは初期案やラフデザインが掲載されているところ。
1stシーズンでのパワーアップ案ガンダムエクシア1.5やELSダブルオークアンタのラフデザインなど。
これは他デザイナーも同様です。

ラフデザインは当然のこと、それに触れたインタビューはあまり世に出ることは無いのでかなり貴重だと思います。
インタビューから設定をどうデザインに取り入れるのか、またその逆も覗うことができて読み応えも十分。
「ガンダム00」を総括したインタビューとなっています。

設定や世界観の考察も通常通り収録しています。


フラッグも太陽光受電システムが積まれているなんて…。イナクト涙目
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/694-f17cc49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。