さめだ小判「桃園学園男子寮にようこそっ!」感想

ここでは、「さめだ小判「桃園学園男子寮にようこそっ!」感想」 に関する記事を紹介しています。
注意:成人漫画の感想です。
さめだ小判先生2冊目の長編単行本「桃園学園男子寮にようこそっ!」の紹介です。


ヒロインは年上の寮の管理人ひなたさん(巨乳)。

1話から3話までは巨乳の管理人さんとの中をコソコソと深めていきます。

4話目では新たなヒロイン(かませ)、ショートツイン細フレーム眼鏡おで娘の委員長こと柊さん(Cくらい)が登場。
しかし4話では柊さんを見て嫉妬したひなたさんと。
5話で柊さんと。

その後ひなたさんの元彼が出たりとストーリーは展開していきます。


成人向けイチャラブ系ラブコメとしてはなかなかのものです。
2話(管4)、4話(管4)、8話(柊6)は4~6Pのカラーページあり。
柊さん可愛いよ柊さん。

柊さんの活躍が少ないことや、せっかく元彼が出てきたのにハードなプレイが無いのが物足りなかったです。
ラブコメですし仕方が無いのかもしれませんが、ドロリとした展開があるのならソッチの方もドロリとして欲しかった。
毎回ドロリしてますけど。


でも羨ましいよ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/585-1a8e8c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック