機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第3巻

ここでは、「機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第3巻」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キュリオス
報われぬ魂
#7報われぬ魂
「聖戦」に参加する資格を得るために両親の命を絶つ少年。それを迎え入れる一人の男。

傭兵アリー・アル・サーシェスはガンダム捕獲のために猛攻をかける。
かつてサーシェスによって戦闘訓練をうけた刹那の戦闘動作は先読みされ翻弄される。
刹那は確信する。目の前の男がかつて自分たちを指揮した男アリー・アル・サーシェスであると。
フラッシュバックする過去。
過去の訓練。
母に銃口を向ける自分。
かつての自分の名を呼ぶ母。
引き金を引く自分。
過去を斬り裂くかのようにGNブレイドの出力を上げイナクトのソニックブレイドを切断する。

刹那はサーシェスであること確認するためにコックピットの外に出るように促す。
晒された素顔から確信が正しかったことを悟り銃を向ける。
その時デュナメスから放たれたビームが両者の間を抜ける。
水を差されたサーシェスはそのままデュナメスの砲撃を避けながら撤退する。

ガンダム4機は次のミッションに進む。
渓谷を抜け司令部に一気に侵攻し防衛戦力は沈黙させる。
その戦闘能力の前に司令部は無条件降伏する。

降伏を知るユニオンに属する3人の男。
その一人ビリーは国民感情に後押しされAEUは軍備増強路線に邁進、また、今回の貸しによりPMCとの連携は密になると断言する。
ソレスタルビーイングの勝利は滅びの道を往くものだと言うエイフマン。

降伏は報道によって世界に伝えられた。武力介入による被害者の数、その現状を知る沙慈・クロスロードはソレスタルビーイングの行動に強く反感を覚える。

姿を晒したことを問い詰められるも答えない刹那。
ティエリアにその存在を危険視され銃口を向けられるがティエリアに向け刹那もまた銃を向ける。
生きていること、刹那はガンダムマイスターである理由をそう述べる。
クルジスの戦場でOガンダムによって救われた命、その運命こそが理由であると。

一方、ソレスタルビーイングの武力介入の影響は平和に生きる人々を覆う。
テロにより目の前でバスが爆発、多くの人が吹き飛ばされたのを目撃する沙慈。

イアンから無差別テロの報を受けるマイスターたち。
そのテロという紛争に対し介入することを強く宣言する刹那だった。


#8無差別報告
ソレスタルビーイングによる武力介入の中止を求めた国際テロネットワークによる無差別テロ。
自らの境遇、心に根ざすテロへの憎しみを奮い立たせテロの殲滅を誓うロックオン。

テロリストの情報が得られるまでアジトで待機するプトレマイオスクルー一行。
マイスターたちはテロリストへの同時拠点攻撃を行うため移動を開始する。
ヴァーチェ

平和と紛争が表裏一体にいることを実感する沙慈はその思いを絹江に話す。
その言葉を聞き絹江はソレスタルビーイングには他の目的があるのではないかと語る。

待機中の刹那は王留美の情報を受けテロ現場に向かい実行犯の捜索を行う。
その最中、刹那は援助を求め外交交渉中のアザディスタンの王女マリナ・イスマイールに助けられる。
一度は去ろうとするも母に似た声のマリナに呼び止められ、足を止める刹那。
会話の中で刹那に国の境遇と武力介入への恐れ、そして対話のない武力による抑圧に批判を零すマリナ。
その言葉に刹那は「話し合いをしている間に人は死ぬ」と反論する。
アザディスタンがクルジスを吸収する際に起きたに起きた紛争により多くの仲間を失った刹那。
その言葉に怒りを感じたマリナは刹那を暗殺者だと疑うが、刹那はそれを否定。
自分のコードネームとソレスタルビーイングに所属をしていること、いずれ情勢の改善が見られなければいずれ武力介入に向かうことをマリナに告げ去っていく。

拠点を引き払い追跡が困難かと思われたテロ実行組織「ラ・イデンダ」だったが、各国が行った故意の情報流出によって情報を得たガンダム4機は拠点を襲撃、殲滅する。


#9大国の威信
ソレスタルビーイングの介入から4ヶ月、階数は60回を超えていた。

ソレスタルビーイングに対抗すべく人革連高軌道ステーションではセルゲイが指揮する部隊「頂部」が作戦準備を行っていた。

地上に降りていたガンダムはオーバーホールのためプトレマイオスへと帰艦する。
一時の休息を得るマイスターたちであったがすぐに
そのさなか数十万もの双方向通信小型端末を宙域にばら撒き、通信障害が起きたエリアを探索するという頂部の大規模物流作戦によりプトレマイオスを捕捉する。

陽動と挟撃を兼ねキュリオスとヴァーチェが先行発進する。
それに対しさらなる陽動で答えるセルゲイ。
無人の輸送艦をプトレマイオスにむけ特攻させる。
先行した2機が合流するまでの6分間を2機で迎撃に当たるエクシアとデュナメス。
プトレマイオスはGNフィールドを展開し防御に専念する。
特攻した輸送艦の影から現れる36機のティエレン宇宙型。
MS隊の戦い方からスメラギはプトレマイオスの撃破ではなくガンダムの鹵獲が目的だと悟る。
敵輸送艦を補足するアレルヤだったが以前、高軌道ステーションで受けた脳量子波と同様の干渉を受ける。
その苦痛の中で、過去に見覚えのあるMSの機影を銀色の瞳に捉えるのだった。
ピーリス


#10ガンダム鹵獲作戦
敵機の動きに持久戦を覚悟する刹那とロックオン。

干渉する脳量子波の苦痛により戦闘不能に陥るアレルヤはソーマ・ピーリスに接触されたことにより意識を失う。
そのことからセルゲイは「羽付き」のパイロットが超兵と同類であることを知る。
輸送艦に収容されキュリオスが輸送される直前、周囲に展開していたMS部隊はビーム砲撃に襲われる。
キュリオスが鹵獲されたことを知ったティエリアは輸送艦ごとキュリオスを破壊しようと試みるが、ティエレンタオツーに阻止される。
その動きから異質さを感じるティエリアは苦戦を強いられる。
砲撃のタイムラグを読まれMS隊に拘束され、武装を封じられる。
タオツーのブレードの一撃を避けるためティエリアはヴァーチェの装甲に隠されたもう一つのガンダム、ガンダムナドレを解放する。
装甲をパージした勢いで周囲のMSを引き剥がすナドレはGNキャノンを手にし、ティエレンを蒸発させる。
不利を悟ったセルゲイは撤退する。
ナドレ

襲撃したMS隊が撤退する中、プトレマイオスはキュリオス、ヴァーチェの回収に向かう。

朦朧とした思考の中でアレルヤは脳量子波の主が何者かに近づく。
それを阻止すべくハレルヤの人格が肉体を支配し輸送艦を溶断、脱出する。
撤退してきたタオツーを待ち受けるが如く現れるキュリオス。
ソーマが「何者」であるか理解したハレルヤはティエレンを弄ぶかのような攻撃を仕掛ける。

自分の命を賭してセルゲイとソーマを撤退させる人革連ミン中尉だったがハレルヤの拷問の前に命乞いを行う。
意識の中で止めるように嘆願するアレルヤを嘲笑うかのようにハレルヤの手によってミン中尉は蒸発する。

自己の本質に悩むアレルヤとナドレを晒してしまったことに自信を喪失するティエリア。
そしてマイスターを危機に晒してしまったことをスメラギだった。



7話はイナクトの性能が本領を発揮しています。
アクロバティックな動きで滑るように動くエクシアを翻弄する。ここのかっこ良さはまたスゴイです。
あと殺られるヘリオン、殺るガンダムがよく動きます。
エクシアがブレイドで貫き、薙ぐ、っていう動きがまた痺れる。
テロやこれはテロやで!が印象的ですねw
「ミンナ仲良ク、仲良ク、わぁぁぁ…」ハロがかわいい!

8話もソレスタルビーイングの影響回です。
マリナとつっこみどころのある運命の出会いをします。
刹那が初めて他人とCBの行動・思想について話す回でもあり結構重要です。
容赦のないヴァーチェの砲撃で火の海になる密林地帯。
隠し場所のないヴァーチェが海に沈められている、というねメカ要素w

10話11話はついじっくり見ちゃいます。
バーニアで直線的に動くティエレン、重量を感じさせるヴァーチェがいいです。
ヴァーチェの装甲の中心で浮くナドレ、腕を交差させGNキャノンを放つナドレ。
ガンダムとしての体型を保ちながらも、細身で引き締まったボディというのは珍しいです。それに美しい。
ハレルヤの本領発揮が独り勝ちしてしまう回ですね。

「楽しいよなぁッアレルヤ!?アレルヤアアアッァァアアア!!!」

ここらの一連の流れには度肝を抜かします。
ガンダム形体では白、飛行形態では黒というキュリオスとアレルヤのキャラクター性が一致したりね。
考えてるなぁ。




関連記事
機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第1巻
機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第2巻
機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第3巻
機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第4巻
機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第5巻
機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第6巻
機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第7巻

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/37-14e2a4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。