パージ

ここでは、「パージ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄化(パージ)

経済危機後、年に一夜だけ全ての犯罪が合法になる法律「パージ法」が施工されたアメリカが舞台の密室訪問スリラー。

この法案により貧困層は排除され社会保障費は軽減、役立たずが(物理的に)減ったことで失業率も一気に低下。
逆転の発想。ブラボーです。

お話は主人公のバカ息子が黒人ホームレスをセレブパージャー(パージに積極的に参加する人)から匿ってしまったところから転がりだします。

「豚(黒人ホームレス)を引き渡さなきゃ家族もろとも皆殺しにする」とパージャー達。
黒人ホームレスを探すもバカ息子が更に匿って足を引っ張る。
なんやかんやでパージャーが防犯設備をぶち破って入ってくる。
撃つ、振るう、打つ、刺すの大立ち回りとピンチピンチの大連続。

そして夜明けへ…。


パージ
リーダーはすごく良い作り笑顔を見せてくれるんですよね。

設定とビジュアルは非常に面白いですが、脚本はオーソドックスです。
低予算ですし、時間も85分とコンパクトなのであまり捻りは入れられなかったかなと思います。

ただ、話の展開が家族(息子、妻)のアホ采配だけってのはなんだかなあ、って感じです。特に息子は殴りたいレベル。
政治家が作った法律がどうとかではなく、本島の善悪とは、ってことをやりたいのは分かるんですけど、それ以上のイライラが…。

キャラクターも主役の良き父イーサン・ホークとパージャーのリーダー以外は面白みがないので、実時間よりも長く感じてしまう部分もあります。

それでもクレイジーな世界観とラストのドッタンバッタン大騒ぎは面白いと思いますのでオススメかなと思います。



ちなみにパージの夜は殺るのも犯るのもオッケー。そのためにクラス4(独自基準)までの銃火器や刃物の使用もオッケーです。
登場する火器類がおもしろくて個人的な見どころの一つかなと思います。

トーラス・レイジング・ブル(スナブノーズ)

モスバーグ590チェーンソー

主役のイーサン・ホークが使っているスナブノーズのレイジング・ブル(上)とかモスバーグ590チェーンソー(下)。
上はコンパクトに見えますが45口径、下は見慣れない取っ手が付いててカッコイイ!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1664-852270c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。