ガンダムビルドファイターズ 第1話「セイとレイジ」

ここでは、「ガンダムビルドファイターズ 第1話「セイとレイジ」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1話ビルドストライク決着 (1)
ガンダムビルダーズから2年、ついにTVシリーズとしてガンダムビルドファイターズが放映開始。

私はプラモ狂四郎ではなくプラモウォーズ世代なわけですが、
どちらにせよ自分で製作したガンプラでバトルするというのは最も望む未来なわけですよ。

1話ウイングガンダム腕切り

ビルドファイターズの世界ではシミュレーションではなくプラフスキー粒子というイデな粒子と
バンダイが独占使用するプラスチックが反応し、実際にガンプラが飛んだり跳ねたりバラバラになったりします。
レッツ&ゴーでも溶岩に落ちたりオカマ掘ってきたりしてますし至って正常。
現実でもミニ四駆も模型店の店先にあるコースで走らせてコースアウトして道路に飛び出したら一環の終わりですし。

1話ウイングガンダム破壊

財力を武器に戦う大人と限られたお小遣いで頑張る子供、という現実が浮き彫りになるわけですが、
そんなものはミニ四駆も遊戯王カードも変わらねえ、ホビーっていうのは命がけなんだよ!!


第1話は主人公イオリ・セイが相棒レイジと出会い、共に勝利をする、という流れ。

主人公が製作とオペレーターという裏方に回り、その相棒が操縦するという珍しいコンビということ以外は極めて王道。

1話セイオタク

そんな主人公のセイはガンダムをこよなく愛するオタク少年。
少年が興味を示したウイングガンダムの解説を引かせる程にべらべらと喋り出すほど。健全なキモヲタです。

ガンプラ製作の腕は一流だけど、ガンプラバトルの腕は四流以下。
セイの製作技術に惚れ込んでコンビを組みたがるヤンホモ・サザキくんが操るギャンにボコボコにされてしまいます。
ガンダムW第1話以上のやられっぷり。

1話レイジ盗み食い

そこでセイの弱点を補う相棒、レイジの登場です。
レイジはガンプラバトルどころか通貨制度すら知らない正体不明の人。
武道を嗜むことを匂わせていたことから、そこで磨いた反射神経や勝負強さでガンプラバトルのへの適正を見せます。

1話ビルドストライク決着

そんなわけで第1話、王道を進みながらも個性を見せるいい出来でした。
なによりキャラがいいですね。

1話サザキ
シールドにワイヤーを仕込んだブーメランシールド、ゲルググのビームライフルを装備したギャンを使うヤンホモ・サザキくん。

1話ラル (1)
1話ラル
女店主とグフを目当てに模型店に足繁く通う解説役ラルさん(35)。

1話リン子
おっぱい揺れる女店主リン子ママ。

やっぱり物語はキャラが立っててなんぼ。
2クール予定ということで、今後半年間ワクワクが止まりません。





1話アバン艦隊戦
初っ端に手書きの艦隊戦を見せる解ってる感。


1話ガンプラバトル世界大会CM
父親の思い出や世界大会のCMなど、前編を通して溢れる、使う機体ではなく製作技術と操縦技術が勝敗を決める感。

1話ガンプラバトル世界大会リ・ガズィティターンズ
やっぱりリ・ガズィはカマセ感。

1話チナ
EDチナベアッガイⅢコスプレ
ホビージャパンとタッグを組んで魔道に導く感。


資料ガンダムビルダーズ
知らないところでビルダーズも…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1548-b652b5a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。