そして父になる 感想

ここでは、「そして父になる 感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして父になる

ネタバレしてます。
6年間育てた息子は、他人の子でした。

キャッチコピーのとおり、病院での取り違えにより起こった悲劇をテーマにした映画です。

親子の絆は「血」か「時間」か、ということに主人公・野々宮(福山雅治)が悩み、父親として、人として成長していく、というのが話の流れ。

この野々宮、大手ゼネコンに務める絵に描いたような勝ち組サラリーマン。
美人の妻(尾野真千子)と一人息子を持ち、スカイタワーが展望できる高級マンションに住み、家具もいいものを揃え、子供の教育やお受験に力を入れている。

表面上では誰もが羨む家庭を築き、順中満帆に見える。
しかし、夏休みに家族と遊びに出かけた思い出が無い息子が、お受験塾で仕込まれた嘘の思い出を答えても何も感じなかったり、
生活のルール(トイレは座ってするとか)を厳格に守らせたり、庶民からしたら「それってどうなの?」ってことがチラホラ。

一方、取り違えられたもう一方の父親、斎木(リリー・フランキー)は町のしがない、というよりも寂れた電気屋の主人。
野々宮がバリバリ働いているシーンが多いのに対し、こちらは子供と遊んでいる時間が多い。

真逆な家庭で育てられた二人の子供。
観てる側は血よりもそれまで育んできた愛情でしょ、って感じなんですけど、野々宮は息子に無能さを感じており「血」の重要さを感じているんですよね。
これは野々宮が育った家庭環境もあるんですが。


この映画は話の展開ではなく、野々宮の変化と、その変化を与えた人達とのやりとりが肝。
人の気持ちがわからない野々宮は他人に言われたらすぐに良くも悪くも変化しているんですよね。

あと、いい意味で邦画な作りになっていて安っぽくない。
泣かせるぞ、という臭さが鼻につきませんし、感情的に喚いて耳障りなこともない。
観賞を妨げる不快感はできるだけ取り除いている感じでした。
一番不快なのは主人公だっていう。
映画内でも心無い言動によって浮いていますし。

脚本の前後でしっかり前ふりがあるのも良かったです。

………
……


とにかく観てよかった。
一度、心に引っかかったら最後、事あるごと目頭が熱くなりました。
とにかく観てよかった、真木よう子のウインク。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1544-73ca8a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。