ラブソング

ここでは、「ラブソング」 に関する記事を紹介しています。
私が中学生だった頃の話。学校帰りに私の名前を呼ぶ声がした。
振り返ってみると、それはクラスの男子だった。
「これ・・・後で聞いてください」
差し出された手を見ると、当時はまだめずらしかったCDーRが握られている。
私が受け取ると、彼は逃げるように去って行った。
家に帰った私は兄のPCを黙って借り、CD-Rを再生した。
それは愛に関しての歌達だった。
ミスチルやラルクやグレイのラブソング。聞いているだけで胸がドキドキとしてくる。
そしてその最後には――――彼の告白が入っていたのだった。
「あなたの事が好きです。もしOKなら電話してください」
緊張しているのだろうか、声がわずかに震えている。
その時私の胸に何かが産まれ、それは電撃へと成長して私の全身を貫いた。
はじけるようにして自分の部屋に戻り、連絡網を探しだす。
それを持って、電話へと走った。受話器を持つ手がかすかに震えている。
私も緊張しているのだ。軽く深呼吸して気持ちを落ち着ける。
そして勇気を出して番号をプッシュ。コール音が鳴る。
プルルという音が永遠の時のように思える。早く出て、早く出てよ・・・。
ガチャリ。やっと相手が出た。私は最後の勇気を振り絞って言った。

「もしもし?JASRACですか?違法コピーしてる奴がいるんですけど」




http://youtu.be/9HdCXYia-Yw
NO MORE 映画泥棒ってJASRACではないのね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1534-4ca3b731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック