銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第6話「卒業」

ここでは、「銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第6話「卒業」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7e218240.jpg


チームラビッツはMJPを卒業し、正式にGDFに配属され本格的に実戦運用されるようです。
同時にウルガル側の行動も活発化している様子。
主人公たちが出した結果が様々な方面に影響を与えているのが描かれているのはいいですね。
それが、チーム・ラビッツの立場を危うくするようなことでも…。

正直、経済連合の圧力に負けて、とっととアッシュの技術なり、機体なりを渡してしまってほしい。
そして新たな量産型アッシュを登場させて欲しい!!
そしてかっこ良く散ってくれ…。


0ab40d19.jpg
そんなオリジナル・アッシュのプロトタイプはチーム・ドーベルマンが駆るライノスだったんだよ!!
ハイモブのカスタム機だということは知っていましたが、DNA組込み型だったとは。

MJPでもDNAマシンでも先輩なAV先輩、死亡フラグとともに今回もイイ事言ったなあ。
「どちらかが頼るだけの関係は長くは続かない」
AVばっか見てたら勃たなくなるよ、ということか。

c4fe5401.jpg

モルモット部隊はそれぞれ異なる戦場へ…。


本題となるチーム・ラビッツはMJPを卒業することに。
それもザンネン・ファイブと呼ばれた彼らが、飛び級という形で。
ん?チーム・ザンネンだっけ?

性格の悪いイイ子ちゃんとおさらばだ!といった思いもあるものの、
やはり年頃の少年少女、記憶をなくしていながらも青春を過ごした場所ということで思うところがある要素です。
それにしても、アサギは最初は年上っぽく振舞っていたんだなぁ…。
そしてアタルも殊勝な感じで…すぐに変態性は露見していましたが。
ところで全員年齢が違うだけで同期にあたるのかな。


bec22ae2_20130517181314.jpg

e59bfdfe_20130517181316.jpg

0968b34e.jpg

模擬演習という形でメカシーンを挿入。
ドンパチは無いものの、パープルツーを除く4機はそれぞれ新カット。
レッドファイブとブルーワンは空中合体。特にブルーワン、アサギは汚名返上。
今まで、単純にシキを纏っているものかと思っていましたが、コアユニットに変形して合体って感じでした。
乙女ポーズで少し笑えましたが。
ゴールドフォーは戦闘機動をとりながらの連続狙撃+コックピットの狙撃モード。
狙い撃つぜえええええええええ!!
ローズスリー上空の戦闘機動からの低空飛行。
窓パリーン、リンリンチラリーン。サイコフレームを積んでるんじゃないかというぐらいの奇跡っぷりでした。
ケイはお立ち台で辱め…。

a65e1c73.jpg
今回のアッシュを輸送してきた空中輸送機やトレーラーの存在にドキドキしました。

891d5856.jpg
ついにウルガルのボスと幹部級もお披露目され、ついに新展開といった感じ。
イズルが持っていた小さな銀のホイッスル、表情が柔らかくなってきたケイ、
6人目の戦士っぽい雰囲気のクール少女、モルモット化が進むMJP、蠢く経済連合…。
ラビッツの制服も変わるっぽいし、いやぁ楽しみですわ。


大人の階段のぼりますわ。


21cd735d.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1519-86c084ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。