あの夏で待ってる 第12話「あの夏で待ってる。」

ここでは、「あの夏で待ってる 第12話「あの夏で待ってる。」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの夏12話EC
脚本:黒田洋介 絵コンテ:長井龍雪・二瓶勇一 演出:長井龍雪・錦織敦史
作画監督:木本茂樹・櫻井親良(メカ)・山下祐・石川健介・田中将賀 総作画監督:田中将賀
あの夏12話イチカさよなら

あの夏12話海人またね
ついに終わった…。
ベタだけどいい終わり方だった。

海人イケメンだったなぁ。
恋愛に関してここまでイケメンなキャラは珍しかったなぁ。
「あの夏」以降、イチカに相応しい男になるためか、それとも宇宙へ行ける技術を作り出すためか、
研究機関に所属するためにちゃんと勉強し始めていたのもよかった。
まるで同人版ドラえもん最終回だよ…。
ただ奇跡を待つのではなく、自分から迎えに行こうという意志があり、行動しているというのは大切ですよ。

個人的に、眼鏡がノンフレームになっているのに女々しさを感じることが出来ていいですね。


あの夏12話イチカラスト
「宇宙船が不時着しちゃった(テヘッ」
感動的ではないけど、これぐらいが丁度いいかもしれませんね。
恋する女の逞しさも出ていますし。
よく外出許可が出たものだ。


あの夏12話柑奈映画
柑奈ちゃん…。
まだ、海人のために涙を流すことが出来る柑奈ちゃん。
海人のことだけは鈍感じゃない柑奈ちゃん。
可愛いよ。

あの夏12話柑奈鈍感
うおおおおおおお!
美桜が学校のベンチで「いつでもウェルカムだよー」って言ってましたが、あれもう付き合っていますよね。
しかも、哲郎が恥ずかしいからとか何とか言って、まだ付き合ってることは周りに言わないで、とか言っている状況。
さらに完全に尻に敷かれている状態…。
海人は既に気付いていて(男の秘密として話したのかも)、柑奈は全く気付いていない…。
柑奈ちゃん鈍感すぎぃっ!(流石に最後は気付いていたかな?)

あの夏12話檸檬MIB帰還
やっぱりMIBだった檸檬先輩。
檸檬先輩嘘つかない。

檸檬にとって、イチカが初めての地球外生命体とのコンタクトだったのですね。
全く動揺していなかったあたり、プロフェッショナルなエージェントといった感じ。


真奈美が夫・聡に言われてあの現場に現れた時は流石に驚いた。
『聡もMIBだったんだ!』って直感と確信が同時に生まれた瞬間は思わず笑ってしまった。
海人の姉・七海もMIBなのでは、とも思う。

あの夏12話メカ対決


あの夏12話りのん
特別顧問となったりのん。
あの後宇宙に帰れなかったのか…。

MIBはイチカが乗ってきた宇宙船を回収したり、生体端末であるりのんを手に入れたりとものすごい勝者。


柑奈に同情しつつも、いい最終回だったな、という感想。
イチカよりも柑奈のほうが好きだった(愛でていたい)ので物語にはのめり込めませんでしたが、それでも最終話まで視れたことを嬉しく思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1483-3cfc970d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。