偽物語 第10話「つきひフェニックス 其ノ参」

ここでは、「偽物語 第10話「つきひフェニックス 其ノ参」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偽物語10話月火湯上り
脚本:中本宗応 絵コンテ:芦野芳晴 演出:川畑喬 作画監督:阿部智之・伊藤良明・松本元気・高野晃久・佐々木貴宏
偽物語10話忍
火憐を神原家へと送り届け、帰宅した暦。
しかし、白昼から影の外に出てきてまでミスタードーナツをおねだりする忍野忍の機嫌を取るために再び家を出る。
出かけ間際、暦は月火の胸に刻まれた傷が無くなっていることに気がつく。
その傷は、月火が学校の屋上から飛び降りた際に負った傷で、医者に一生消えないとまで言われたものであった。
その他の、ファイヤーシスターズの活動で負った傷跡も消えている。
訝しむ暦だったが、傷なんだから治って当然という言葉に渋々納得し、月火のおっぱいを揉んだ後、ミスタードーナツへと向かう。

偽物語10話忍ドーナツ
選んだ十個のドーナツをミスタードーナツ店内で食べる暦と忍。
暦は忍にドーナツを与え、機嫌をとった目的、先程遭遇した「京都弁のお姉さん」影縫余弦と「キメ顔のお嬢ちゃん」斧乃木余接の正体について尋ねる。
忍は斧乃木余接の正体についてだけ明かす。
斧乃木余接は怪異であり、影縫余弦の式神であると。
二人の情報を多く得たいと考えている暦に対し、忍は後ろの席に座っている男に聞けばいいと言う。
忍の言う後ろの席の男は、貝木泥舟であった。

偽物語10話暦コーヒー

暦と忍は貝木の席へと移り、話を聞こうとする。
貝木は情報量を要求。
暦は千円札を二枚取り出すが、貝木が手に取ったのはその二枚の紙幣ではなく、暦の財布だった。
貝木は影縫余弦を自分と同じ怪異の専門家、ゴーストバスターズ、陰陽師と言う。
そして、その専門は不死身の怪異。

偽物語10話暦自転車
自転車の前かごに乗った忍の為に、影を作るために前傾姿勢で自転車をこぐ暦は、
不死身の怪異を専門とする陰陽師が、人間もどきと吸血鬼もどきの自分達を殺すために現れたと推測する。
もし、自分達以外の不死身の怪異を狙っているにしても、早めに対処をしたいと考えながら自宅の前へと到着する。
そこには、陰陽師とその式神のツーマンセルがいた。
影縫余弦は門扉の上に立ち、斧乃木余接はインターホンを連打している。
声をかけ、自分達のことを話す暦だったが、影縫余弦はそれを勘違いだと言う。

偽物語10話月火アンリミテッドルールブック (1)
その時、居留守を使っていた月火が、連続して響くインターホンの音に耐えかね玄関から出てくる。
そして、斧乃木余接の巨大化した人差し指が、塀を突き破り、玄関を砕き、月火の上半身を欠片もなく吹き飛ばした。
目の前で月火を殺された暦は激昂し、斧乃木余接に飛びかかるが、影縫余弦に身体を畳まれ、拘束される。
斧乃木余接は言う、今、自分が吹き飛ばしたのは不死身の怪鳥、邪悪なるフェニックスだと。
影縫余弦は大穴の空いた玄関の方に暦の首をひねる。
その視線の先には、先ほど確かに吹き飛ばされた上半身が再生した月火が横たわっていた。

忍はその場をはったりと「お願い」によってその場を諌め、陰陽師のツーマンセルに出直させることを取り付ける。

偽物語10話忍諫める


今回は凄いカットっぷりでした。
リズム的にはダラダラやるよりこっちのほうが断然いいですけど、それでも伏線がカットされるのは残念。
それ以上に髪を切った戦場ヶ原の写真が出なかったのは痛恨の極み。

偽物語版権鏡

あと、クライマックス時の劇伴がかっこ良かったです。


ゲームはCDと特典冊子の内容次第って感じ。
作者書き下ろしだったら限定版が欲しいです。

偽物語10話EC
この人の絵はどうしても成人漫画家のtosh先生を思い起こさせる。


偽物語10話火憐中学生
偽物語10話火憐高校生
偽物語10話火憐高校生 (1)
あんなに可愛いのに、高校生になったらこうなってしまうのか。


偽物語10話忍パナイの
偽物語10話忍パナイの (2)
偽物語10話忍パナイの (2) (1)
偽物語10話忍パナイの (3)
かわいいなぁ。

偽物語10話忍うきうき


偽物語10話月火再生 (1)
地球上に有限しか存在しない貴重なおっぱいが治ってよかった。


偽物語10話月火アイス

偽物語10話月火もじもじ

偽物語10話月火あ~れ~

偽物語10話月火おっぱい傷跡

偽物語10話月火拘束

偽物語10話月火おっぱい触りすぎ (2)

偽物語10話月火おっぱい触りすぎ (1)


偽物語10話斧乃木まとめ


偽物語10話月火アンリミテッドルールブック

偽物語ネタ月火アンリミテッドルールブック光渡し
怪異「光渡し
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1337-1fbdece1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。