輪廻のラグランジェ 第6話「風と火と水と鴨川と」

ここでは、「輪廻のラグランジェ 第6話「風と火と水と鴨川と」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラグランジェ6話ウォクス・アウラ輪廻
脚本:菅正太郎 絵コンテ:吉川博明 演出:近藤一英 作画監督:小宮山由美子・猿渡聖加・大浪太(メカ) 総作画監督:沓澤洋子・鶴窪久子

ヴィラジュリオを追いかけるため、ウォクス・アウラに乗り込むまどか。
発進準備は万端と意気込むが、田所正蔵から発進は却下され、コックピットから降りた上での待機を命じられる。

ラグランジェ6話まどか訴え
ブリーフィングルームでは今回現れたオービットの搭乗者ヴィラジュリオについての説明が行われていた。
過去、レ・ガリテと同盟を結んでいた惑星の元王族で、現在、宇宙義賊キッスの頭領。
モイドは彼を「宇宙のゴミ」と称し、敵の黒幕だと話す。
ヴィラジュリオが指定した、開戦時間となる夜明けまで5時間。
道に迷い、ブリーフィンに遅刻したまどかであったが、到着するやいなや、田所に詰め寄り、自分の意見を訴えようとする。
田所はまどかを無視し、ブリーフィングに参加していたブリッジメンバーに戦闘海域の選定などの指示を出す。
まどかは田所の意図が読めないでいたが、本人の口から直接、徹底抗戦の意志を聞き、ブリーフィングを駈け出していく。


ラグランジェ6話ランベッド (1)
夜明けまであと2時間。
ランはまどかに休息を促すが、まどかは鴨川エナジーをたらふく飲み力がみなぎっている。
そんなまどかの横で、ランは信頼していた人間に裏切られ、心に傷を負ったムギナミの事を心配していた。
志高く、思いやりがある人間。それがランの知るヴィラジュリオだった。
しかし、今はムギナミにあの様なことを言う男に変わっていた。
まどかは、知っているのは現在のヴィラジュリオだけだと敵対心を強く燃やしていた。
現在のランにとってもヴィラジュリオと戦う理由は十分ある。


ラグランジェ6話まどか出撃
夜明けが近づく。
ファロスは戦闘態勢に移行。
キッスの宇宙船は衛星軌道上で相対速度をファロスに合わせ、直上を移動している。
ウォクスのコックピットで待機していたまどかとランに田所からの通信が入り、出撃命令がくだされる。
鴨川エナジーによってみなぎっているまどかとやつれた表情のランはウォクスと共にカタパルトへと運ばれ、発進する。
二機のウォクスは光の緒を引きながら急上昇し雲を抜ける。
そこにはおびただしい数の無人オービット・トリロクが展開していた。

ラグランジェ6話トリロク

ラグランジェ6話ムギナミ懐柔
その頃、ファロスではモイドがムギナミをウォクス・イグニスに乗せるために、同情した風を装い懐柔しようとしていた。
まどかとランが、ムギナミの仇討ちのために出撃したこと、メモリアが誰にでもできるものではなく、希少性があるということ…。

ラグランジェ6話ウォクス・アウラソード
トリロクを徒手空拳でなぎ倒していくアウラ。
そこにファロスからロケットによって射出されたオービット用の刀剣が送り込まれる。
光弾の雨を躱しながら、同じくオービット用のライフルを装備したウォクス・リンファと共にトリロクを撃墜していく。
しかし、トリロクの数は多く、いくら撃墜しても終わりは見えない。
その時、モイドから味方の到着を示唆する通信が入る。

ラグランジェ6話ムギナミコックピット
モイドの手引きによってイグニスが発進。
イグニスのパイロット、ムギナミはコックピットの中でヴィラジュリオへの情念を燃やしていた。
あっという間に戦闘空域へと到達したイグニスは、ムギナミの情念に反応するかのようにウォクスシステムを起動し、
橙色に発光しながらトリロクの群れを貫いていく。
その先にはキッスの宇宙船。
ムギナミはヴィラジュリオと別れるくらいならと、衛星軌道へと上昇し続ける。

ラグランジェ6話アルヴィリウム亜空ランチャー (1)
ウォクスの接近にオービットを駆って対抗しようとするデ・メトリオのキリウスとイゾだったが、ヴィラジュリオに待機を命じられる。
ヴィラジュリオは単身、大型の亜空ランチャーを装備した自身の専用オービット・アルヴィリウムでイグニスを迎え撃つ。
アルヴィリウムは飛来するイグニスに砲口を向け、決別の引き金を引くその刹那、イグニスを追いかけてきたリンファの狙撃の横槍が入る。
亜空ランチャーの射線は逸れ、その巨大な光弾はイグニスの翼部をかすめてファロス付近の海上に着弾し大穴を穿った。

ラグランジェ6話ウォクス・イグニスかばい (1)
アルヴィリウムに斬りかかったアウラは刀剣を弾かれながらも尚、殴りかかろうとする。
その時、イグニスは再び橙色に輝き加速、ピアサー形態からウォーリア形態へと変形し、ヴィラジュリオを庇うようにまどかを制止する。
ムギナミは裏切られ、今も殺されかけながらも、ヴィラジュリオの気持ちを考えていなかった自分が悪いと庇う。

ラグランジェ6話ウォクス・イグニスかばい
まどかはバカ娘が、と殴りつけ、ヴィラジュリオを捨てろと怒声を上げる。
アウラのコックピット内はまどかの怒りに呼応するかのように翠の燐光を発し始める。
それに対してムギナミは蹴り返し、自分のことを何も知らないくせに、偽善を押し付けるなと応酬。

ラグランジェ6話ウォクス・アウラ輪廻 (1)
アイデンティティの否定とこれまでの欺きに対し、怒りに打ち震えるまどかにアウラは共鳴し更に眩しい光を発し始める。
アウラの機体からは光の蔓が昇っていく。
ランはまどかを止めようと、アウラに取り付くがアウラの光に当てられたかのように失神。
やがてアウラの光は弾け、翡翠に輝く花となり三機のウォクスと共に海へと落ちていく。

ラグランジェ6話モイド花
その光景を目の当たりにしたモイドはブリッジから抜け出し、屋外へと出る。
手で降り注ぐ花を受け止め、その花が跡形もなく消滅するのを見届け歓喜に身を震わせる。
ヴィラジュリオの仕組んだものか、偶然か…。

ラグランジェ6話椅子


輪廻が開いたああああああ!!

なんのことだか分かりませんが、輪廻が開いたようです。
最初は戦闘機械を機能停止させるものかと思いましたが、機能を停止し、落下したのはウォクスシリーズだけでした。
まだウォクスの伝説が視聴者側に全く明かされていないので、あれによって何がどうなるのかよくわかりません。
一機だけでは周囲に悪影響を与えるが三機同時に輪廻を起動すると何かが起こりそう…
と言っても地球外で何が起きているか分からないのでコチラも不明。
パイロットの感情で起動しちゃうようですし、イデ的な何かなのかな。

私は地球型人類が生存できる惑星環境を作りだすためのシステムと予想。
宇宙人なのに完全に地球人と見た目が変わりませんし、生存に必要な条件も同じ。
コレは間違いなく地球人とレ・ガリテは同じ始祖を持つ証拠なんだよ!!

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'
    '^i

もしくは再び歴史をやり直させる機械か。


ムギナミは病んでました。
最初は、ヴィラジュリオに縋り付こうとイグニスに乗ったと思ったのに、数分後に「お別れするくらいなら殺す…」って。
びっくりするわ。

そしてまどかは自分がしていることの自己満足を突かれてブチギレ。
これに関しては、ジャージ部魂に共感していないにもかかわらずヘラヘラと付いて来たのか、ということに対して怒ったのかもしれないので保留。
しかし、今回の「仇討ち」なんかもムギナミの意志は関係なく、自分が気に食わないから殴りに行くっていうのが先行していたので何を言われてもしょうがない。
人助けをした結果として自己満足を得られるのと、自己を満たすためにに人助けをする(した気になってる)の違い。
「お前のためにしてやった」という言葉の虚しさよ。
ラノベ主人公なら共感すること無く持論だけの説教たれてゴリ押しするのでしょうが、ラグランジェはどうなるのか。


ラグランジェ6話ウォクス・リンファソード
ウォクス・シリーズに新武装。
アウラはソード、ランファはライフル、イグニスは何になるのだろう。
個人的にはバズーカか斧がいいな。

アウラのソードはともかく、イグニスのライフルはROBOT魂で商品化された時に成型色だけになりそうな質感。
ピアサー形態ではマウント出来なさそうですし。
付属するかも不明ですが。

アルヴィリウムのランチャーの威力は…。
宇宙から狙撃すれば一撃で決まっていたでしょうし、ヴィラジュリオの狙いはどこにあるのか。
ランの邪魔が入らなければイグニスは消滅したでしょうし、かと思えば輪廻の発動を誘導したような発言。
謎は深まります。

モイドはどうでもいいや。


ラグランジェ6話予告
あの夏といい、シリアスを予感させながらいつもコレだ。


戦闘時の音楽が結構かっこいいです。

ラグランジェ6話EC


ラグランジェ6話ウォクス・アウラソード (1)

ラグランジェ6話ウォクス・イグニスかばい (1)

ラグランジェ6話アルヴィリウム亜空ランチャー


ラグランジェ6話まどか出撃

ラグランジェ6話まどかコックピット


ラグランジェ6話ラン鴨川エナジー

ラグランジェ6話ラン湿疹


ラグランジェ6話ラン涙


ラグランジェ6話キリウス鴨川エナジー


ラグランジェ資料ROBOT魂ウォクスアウラ展示
パール塗装でテラテラにして欲しいところですが…。


ラグランジェ資料鴨川エナジー
どんな味なんだろう。
フィギュアオタが水で薄めると言ってましたが。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1292-f91e1f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。