あの夏で待ってる 第5話「先輩はヒロイン。」

ここでは、「あの夏で待ってる 第5話「先輩はヒロイン。」 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの夏5話柑奈雨上がり (1)
脚本:黒田洋介 絵コンテ:二瓶勇一 演出:鈴木薫 作画監督:山下祐・中野涼子 総作画監督:田中将賀・冷水由紀絵
あの夏5話イチカ洗濯
夏休み初日。
海人は寝過ごしたと思い飛び起きるが、すぐに今日から夏休みだと気付く。
庭からイチカの声が聞こえる。
窓から外を覗くと、イチカがりのんと戯れながら洗濯物を干している。
露出の多い夏服に劣情を催しながら、イチカと朝の挨拶を交わす。

あの夏5話イチカ覗き込み
カメラのメンテナンスをしている時も、隣に座るイチカの棟が気になってしょうがない。
海人のそんな気持ちを知らずに、イチカは身を乗り出してカメラのメンテナンス風景を覗き込む。
古いカメラを見て、イチカはカメラの出所を海人に尋ねる。
家の納屋にあったと海人。亡くなった祖父の物らしい。

そこに山乃檸檬を始めとした、自主制作映画の面々が現れる。
今日から映画撮影が始まる。

あの夏5話イチカ動揺
ロケ地で「今日の」脚本を見せつける檸檬。
香港映画のように、ロケ当日に脚本を初公開するスタイルらしい。
ヒロインのイチカは黒いレザーのライダースーツに身を包んでいる。
ヒロインは宇宙人という設定。
今回撮影するカットは、「地球に降り立ったヒロインが地球人の少年と運命的な出会いを果たす」というモノらしい。
台詞は全てアドリブ。

海人はカメラをまわすため、役者はできない。
という訳で少年役は石垣哲郎に。
哲郎は、自分の役割が裏方だと思っていたため渋るが、渋々承諾する。

カメラをまわし、撮影スタート。
イチカは自分の惑星の知識を元に宇宙人役をアドリブで演じる。
そこに哲郎がカットイン。
「運命の出会い」のはずが、既に出会っている設定で演技をする哲郎。
そして哲論はメン・イン・ブラックへ。
イチカは迫るメン・イン・ブラック哲郎に光線銃を向け、哲郎は死亡する。

結果、映画の内容はメン・イン・ブラックによる激しい逃亡劇へとシフト。
檸檬が脚本を書き上げるまで休憩に。

海人は今日のロケ地は、以前イチカが話した「行きたい場所」を想定して決定。
樹があって、池があって、何の特徴もない場所。
イチカは海人がその事を覚えていたことに、「このっこのっ」と肘で海人を突付くくらい浮かれる。

あの夏5話柑奈バレバレ (2)
二人のやり取りを少し離れたところから見つめる谷川柑奈。
哲郎は二人に飲み物を持って行ってやれと横槍を促す。
柑奈は顔を赤くしながら振り向き、前々からの疑問をぶつける。
「私の気持ち知ってる?」
哲郎は頷き、バレバレだと答え、応援する意志を伝える。
柑奈は、哲郎にも気になる人ができたら応援する、と言いながら缶飲料を抱えながら二人の元へと向かっていく。
哲郎は柑奈の言葉に苦笑する。

撮影再開。
檸檬は生体端末という設定でりのんを持ち出す。
なんだかんだで映画は本筋の「地球に降り立ったヒロインが地球人の少年と運命的な出会いを果たす」という流れに帰還。
海人はその地球人の少年として出演することに。

あの夏5話柑奈今後の展開
柑奈はイチカに、映画の二人はこれからどうなるか、どういう展開になればいいかと尋ねる。
イチカは幸せになれればいいと、答える。
その返答に、柑奈も同意。
しかし、その表情は…。


あの夏5話イチカ風呂上り (1)
夜。
海人はりのんをいじりながら明日の撮影のことを考える。
そこに、風呂上りのイチカが現れる。
そんなイチカにカメラを向け「ヒロインが地球のに馴染んでいく様子」を撮影する。
照れるイチカであったが、海人は檸檬のという言いつけだと撮影を続ける。

イチカは撮影を続ける海人に、ヒロインが宇宙人であることを知ったらどうする、と質問。
海人は当事者意識が欠けた想像力のない返答。
イチカは真面目に答えて欲しいがために追及するが、海人から出たのは「気にしない(変な液を出さないなら)」
その答えにイチカは安心したような微笑みを見せる。


あの夏5話柑奈電話
翌日は雨が降っていた。
柑奈は北原美桜から映画撮影中止そ知らされる。

あの夏5話柑奈会話に入れず
柑奈は昨日、談笑する海人とイチカに飲み物を渡しに行き、同居している二人の話題に入れなかったことを思い出す。
意を決死、柑奈は野沢菜を持って霧島家を尋ねる。
おすそ分けという名目だが、実際は口実作りのため家から持ってきたものだ。

あの夏5話柑奈訪問

玄関で、海人は家に上がるよう切りだそうとした時、奥からイチカの叫び声が。
急いで叫び声があった部屋に向かうと、そこでは雨漏りをしていた。
ビックリするイチカに対し、海人は古い家だからとうろたえる様子はない。
柑奈も部屋に訪れ、その光景に驚く。

せっかくだからと、柑奈も交えて三人は昼食をとることに。
イチカがこしらえたのは柑奈が持ってきた野沢菜を使ったサンドイッチ。
シャキシャキとした食感に初遭遇しながらも、グレープフルーツ丼を克服した海人にとっては屁ではない。

あの夏5話イチカ昼食カメラ
海人は再びカメラを手に取り、柑奈にイチカと自然な感じに会話をして欲しいと依頼。
ギクシャクしながらも会話を始める二人。
柑奈は幼なじみの哲郎を馬鹿な弟みたいなと評す。
イチカの家庭は女系家族で姉と妹がいる三姉妹の真ん中。
そのため、男の人と暮らす今の生活は新鮮。

会話の最中、柑奈は我を忘れたようにイチカにレンズを向けていることに気がつく。
そんな海人を見て、柑奈はイチカに質問をする。
「海人を家族に例えると?」
海人は弟だろと推測をするが、イチカはそれだけではなく、頼れる所も感じると答える。

柑奈は更に質問を続ける。
どのくらいココに留学を続けるのか、と。
無意識の内に自分から出た質問が示す意味に柑奈は気付き、柑奈は気不味そうに霧島家を立ち去る。


あの夏5話柑奈帰路涙 (1)
雨の中、傘をさし一人とぼとぼと歩く柑奈。
イチカに向けた言葉を思い出し、自己嫌悪に苛まれる。
ふと視線を上げると哲郎が傘をさし立っていた。

あの夏5話バス停留所
バスの停留所で雨宿りをしながら話す二人。
柑奈は先程あったことを打ち明ける。
哲郎は海人の家へと自分から訪ねた事を褒める。
しかし、柑奈は二人が話しているだけでもやもやすると気持ちを打ち明ける。

あの夏5話柑奈告白
告白すればいいと哲郎。
柑奈は今告白したらギクシャクし、映画の撮影が出来なくなることを恐れてそれはできないという。
なら、何もせずにその気持ちを抱え続けるのか、と反論する哲郎であったが、
柑奈は、人を好きにならないと自分が抱える苦悩は分からないと叫びを上げる。
謝る哲郎に、少し落ち着いた柑奈も謝罪する。

あの夏5話柑奈雨上がり
雨が止み、停留所から出る二人。
柑奈は、夏休み、映画を撮る間はいつもの谷川柑奈でいると、決心したことを告げる。


あの夏5話哲郎夜這い
夜、イチカがいつかここから去ってしまうという現実について考えていた。
その時、窓の外か不審な物音が聞こえる。
カーテンを開けると、そこには窓の手すりに哲郎が掴まっていた。

部屋に上がった哲郎は海人のカメラを手に取り、そして向け、言う。
「柑奈な、あいつ海人が好きだぜ」
「谷川柑奈は霧島海人が好きなんだ」


あの夏5話イチカ聞き耳

なにこれえええ!
テンション上がってきた!
一気に恋模様が動き出しそうで楽しみです。
結果はどうあれ、ただ流されるのではなく、皆が、ぞれぞれの気持ちと答えを出して欲しいです。

それにしても柑奈かわいいよ、柑奈。
恋する乙女だなー。
自分の気持で精一杯で、周りが見えなくなっているのがたまらないです。

哲郎はいい奴ですが、今回の行動がどう転ぶか…。
柑奈の思いを海人に伝えたのは、現状維持に甘んじようとする自分と柑奈を重ねあわせたのかな。
次回、沖縄旅行へ行くようですので人間関係が大きく変化するようではないですね。
現地の女性とデレデレして嫉妬嫉妬な展開になるのかな?
なんにせよ楽しみです。

あの夏5話予告 (3)
個人的にこの子が可愛かった。


おねティでも沖縄回があるらしいですねw


あの夏5話イチカ洗濯 (1)

あの夏5話予告
あの夏5話予告 (1)


あの夏5話柑奈バレバレ

あの夏5話柑奈バレバレ (1)

あの夏5話柑奈停留所分からないよ

あの夏5話予告 (2)


あの夏5話資料パンダ傘

あの夏ネタりのんキルミー
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1270-4baef7c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。