偽物語 第5話「かれんビー 其ノ伍」

ここでは、「偽物語 第5話「かれんビー 其ノ伍」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偽物語5話貝木
脚本:木澤行人 絵コンテ:森義博・岩崎安利・川畑喬 演出:美甘義人 作画監督:阿部智之
偽物語5話阿良々木詰問
風呂から上がり、暦は月火から今回の事件について詳しい話を聞こうとする。
火憐は二階で羽川翼に看病をされている。
月火は、話す条件という形で「火憐を怒らないで欲しい」と懇願。
しかし、暦は既に怒っている。

偽物語5話月火
何か後悔していることってある?
唐突に月火からの質問。
月火は、自分は後悔を余りしないと言う。
しかし後悔しなかったことを後悔すると告白。

偽物語5話阿良々木詰問 (1)
暦は話を逸らそうとする月火に乗りながらも、どうにかして話の軌道修正を図ろうとするが、
結局、友だちが少ないことと、友だちを作ると「人間強度が下がる」という座右の銘を哀れまれ、心に傷を負う。
つい大声になりヒートアップするやりとりを注意しに二階から翼が降りてくる。
謝る暦。
その時、暦が腰に巻いていたタオルが落ち、隠されていた部分が翼の目に晒される。

偽物語5話羽川降りてくる
偽物語5話阿良々木ポロリ


偽物語5話火憐対峙
月火からの話。
火憐は翼の協力によって貝木泥舟の携帯電話番号を手に入れ、カラオケボックスに呼び出す。
互いに自己紹介をする二人。
貝木は早速話を切り出す。
お呪いを教えて欲しいのか、お呪いを解いて欲しいのか。
それに対し、火憐は殴りに来たと啖呵を切る。

偽物語5話貝木教訓
貝木は火憐の振る舞いを見て、目の前にいるような短絡的な娘が自分と接触を出きたことに驚き、後ろにいる人間の異常性を察知する。

偽物語5話火憐対峙 (1)
正義を振るまい自己を満たそうとする正義の味方と、金を求め預金通帳を満たそうとする詐欺師の主張は相容れない。
貝木は言う。
悪意のあるお呪いであろうと望んだものを売り渡しているだけ。その後のことは自己責任。
敵対心を強める火憐を前に、貝木は腰を上げ、圧力的な不吉さを漂わせ火憐に近づいていく。
怯え、武力を振るえない火憐の額に触れ「蜂」を贈る。

偽物語5話火憐感染
火憐は次の瞬間、火憐は床に倒れていた。
体が熱くなり、全身に冷たい汗が浮く。
体に力をこめることが出来ず、立つどころか動くことすらできない。
「人を見たら詐欺師と思え」
視線すら満足に動かすことが出来ない火憐に教訓を与えつつ、
ジャージから財布を抜き取り千円札4枚と小銭を抜き取りカラオケボックスから去っていく。

偽物語5話火憐感染 (1)


偽物語5話羽川髪かきあげ (2)
深夜、暦は自転車を押しながら帰宅する翼を送っていく。
今回のことを怒っているかと聞かれた暦は、あの二人の姉妹に協力するのならば伝えて欲しかったと零す。
暦は翼に自分自身と似ている妹二人を同族嫌悪でいじめないで欲しいとお願いされる。
妹たちが我侭ではなく、ファイヤーシスターズをやっていることに理解を示す。

暦は翼に忍野忍と和解したことを伝える。
そして火憐を高熱で犯している怪異・囲い火蜂の存在を明かす。
二人が和解したことを喜ぶ翼。
一方で喧嘩は和解してからが重要だと忠告。
そして暦の自転車を借り、明日から再開される受験勉強を示唆し帰っていく。

偽物語5話火憐運搬
暦は帰宅し、火憐を三階の自室まで運んでいく。
汗をかき、入浴を要望する火憐の為にポニーテール解き、蒸しタオルを作る。
服を脱ぐ体力がない火憐のジャージを脱がし、汗でべたつく体を拭う。

偽物語5話火憐拭い (4)
身体を拭われながら火憐は暦が言った、「正義であることの条件」に理解を示す。
しかし、現在、弱いからといって、強くなるまで目の前の不正を見逃すことはできないと悔しさをにじませる。
千石撫子のように助けられる幸運な人は少なく、貝木が流行らせた悪意のお呪いを貝木に解いてもらうために、金を払う。
火憐の蛮勇を伴う正義感はそれを許さない。
「試合にも、勝負にも負けても自分に負けなければ負けじゃない」、という自分だけのの武道の精神を宣誓する。

偽物語5話火憐
暦はその論理によって周囲の人間が迷惑すると注意。
「本物」である羽川翼という人間とも付き合って欲しくなかったと零すが、
これも機会だと本物の「本物」から学ぶようにと薦める。

偽物語5話阿良々木陰との対話 (1)
暦は再び火憐の身体を拭おうとするが、病気を伝染したくないと拒否をする。
その言葉に、暦は火憐から怪異が残した毒の症状を払う方法の発想を得る。
直ぐ様、部屋を出て洗面所に向かい、影に潜む忍に病気を自身に伝染す方法はないかと相談。
忍は渋々ながらもその方法を明かす。

偽物語5話忍


偽物語5話阿良々木キス
部屋に戻った暦はベッドに座る火憐を抱き起こし、そして言う。
「今からお前とキスするぞ」

偽物語5話火憐キス (1)


今回はあんまりエロくなかったな。
やっぱり年上組の出番が少ないとコナイな。

あと阿良々木さん妹思いのいい兄貴だなー。


中巻予約開始。3話から今回までの話が収録かな。

偽物語5話EC


偽物語5話火憐おっぱい (2)

偽物語5話火憐おっぱい

偽物語5話火憐拭い (1)
偽物語5話火憐拭い (5)
やっぱり子供はダメですね。色気がない。
これが羽川だったら、蒸しタオルで拭った時に脂肪が押されて動くのにリソースを割いてくれたはず。

偽物語5話羽川おっぱい
本当は揉みしだいても余裕で許されるというのに!
おのれ阿良々木。

偽物語資料羽川瞳
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1262-3aa72eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。