大塚子虎「アングレカム」感想

ここでは、「大塚子虎「アングレカム」感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注意:成人漫画の感想です。
アイリスレビガータ
カラー4P
白黒20P

姉の下着を使い自慰に没頭していたら、背後から酔っ払った姉に声をかけられ…。

澪姉ちゃんはツインテールのおっぱい大きい娘ちゃん。
服装はレディーススーツです。

カラーページでの主人公の夢想内ではレディーススーツを着た状態で一戦。
本編ではレディーススーツを着た状態で大きな胸を活かして…。
その後、全裸での戦が待っています。

胸でしている時に刺繍されたブラがブラウスから覗いているのがエロいです。


グロキシニア
白黒20P
見た目に気を遣わない彼女をバカにした友人を見返すために、お洒落をした彼女を見せつける。

ヒロインの真希ちゃんはデートの時でさえジャージに黒髪三つ編みという出で立ち。
お洒落した姿はなぜかゴスパンク風でした。ズレてる感を出してるのかな?結果的にエロいからいいけど。
髪の毛はウェーブをかけ、広がりを出した感じ。
タイトなノースリーブシャツやフリルが付いたニーハイソックスがエロさを際立たせています。

それ以上にエロいのが舌の描写。
柔らかさとヌメリが伝わってくるのがたまりません。


ファレノプシス
白黒20P
普段から喧嘩が絶えない二人。
ある日、主人公に催眠術の実験をしようと…。

ヒロインの美沙ちゃんは金髪?ショートヘアの女子校生。
髪のふわふわした感じと目がくりくりしているのが可愛いです。

服装は白いボタンシャツにチェックシャツ(非制服)に黒のニーハイソックス。
下着の下は柄物。

一回目は衣服を脱がさず、下着をずらして。
二回目はニーハイソックスだけを残して後ろから。


カリン
白黒20P
故郷でテニスクラブのコーチを始めた主人公。
そこには中学時代、告白し玉砕した女がいて…。

ヒロインの早希さんはショートカットの成熟したお姉さま…かと思いきや、徐々に乙女になっていきます。
おっぱいは大きく、かつ弾力があります。
服装はテニスウェア。上がノースリーブ、下はプリーツスコート。

口、前、後ろで各一回づつ出しています。

ちなみに、たまに2chで貼られる「人は見た目が9割なのよ」と女性が言っている漫画はコレです。


ユリオプスデージー
白黒P20
日本全土に広がったウィルスは、人々を白い糸で結んだ…。

ヒロインの瑠璃ちゃんはおしとやかそうな、ぷっくりとした唇が特徴的な少女。
髪型はショートカットで、鞠のようなおっぱいを持っています。

おしとやかそう、と書いたものの、瑠璃ちゃんから誘ってきます。
学校の視聴覚室でプレイ。
後ろからの姿勢がメインで、挿れる時に机に手をついてお尻を突き出しているのが堪らないです。
あとは断面図の描写が多いです。


アングレカム #1
白黒16P
カラー4P

ある日、自宅に穴を空け、別世界の女性二人が現れて…。

表題作の本作のヒロインは表紙に登場している二人でございます。
第1話では金髪の女性フェブとします。
おっぱいは大きめ、眉毛は短め。
服装はグリーン貴重のゴス軍服。

軍国主義国家から訪れたため、欲求不満。
自ら誘ってきます…が軍服は脱いじゃうわけですよ。

後ろの4Pがカラーページとなっています。

アングレカムは本コミックの収録作品の中では古い作品のため、絵柄が前作「絶対恋愛主義」に近いものとなっています。


アングレカム #2
白黒20P
転送装置の故障で帰れなくなった二人を居候されることに。

今回のヒロインは表紙の黒髪の女性ミラです。
服装は白い軍服。

今回は軍服(ジャケット)を着て、及びます。
主人公を受け入れるために、フェブに秘所を弄られて待ち構えています。

フェブも参加するものの、サポートに徹しています。
今回はエロ描写はちと薄め。


アングレカム #3
白黒20P
フェブとミラを連れ戻すために、別世界から三人目のヒロインが強襲!

三人目のヒロイン、デュアリスは二つ結びの少女。
先の二人とは異なり、デュアリスは貧乳でございます。
服装は軍用コートと白いカッターシャツ。
下着は紐パンでした。

事に及ぶ時は、シャツのボタンをネクタイが留められている位置まで開けて、着せたままします。
華奢な体や小さな穴を味わいます。

この話から絵柄やトーン処理が最近のものとなっています。


アングレカム #4
白黒20P
主人公の誕生日。
自分の体しかあげられるものがない三人娘はエロ下着を着てお出迎え。

3人から同時に下で愛撫されたりね…羨ましい。
ちゃんとエロ下着を着た三人に出します。


アングレカム #最終話
白黒22P
自分達の世界を変えるため、女たちは一人を残し帰還する…。

軍服のジャケットを着たまま!!

本話最終ページの次に当たるページが、このコミックス最初のカラーページと後ろの奥付に収録されています。


前作「絶対恋愛主義」の頃に比べて白黒ページでトーン処理を多用するようになってからエロさが増しています。
絵に陰影がつくと立体感や触感をイメージできるので好きです。
特にエロパーツに多層処理(トーン、ホワイト)が加わるととても引きこまれてしまいます。
たまらないね!!
白と黒のバランスも取れていて見難いということもありませんし、個人的にベストマッチなうれしい変化でした。

好みにがっつり突き刺さったため、コミックス前半を読み終えアングレカム第1話、第2話を読み始めた時の物足りなさが強いです。

ちなみにアングレカムではアヘ顔に挑戦されていますが、個人的に…。

本コミック「アングレカム」凄くオススメです!
絵柄が趣味ということだけではなく、エロ描写も凄くいいです。
エロパーツを濡らす汁感や肉の動きがいいんですよ~。

一話不倫モノがあるものの、それ以外はラブラブチュッチュなので、イチャイチャものが好きな人はオススメです。
実用性も高し!!


全部オススメ!ではお話にならないので一話だけ挙げるとすれば「グロキシニア
真希ちゃんが終始エロくて堪んねえんです。
特に「舌」!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1212-b1d2b7a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。