大塚子虎「絶対恋愛主義」感想

ここでは、「大塚子虎「絶対恋愛主義」感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注意:成人漫画の感想です。
Start of story
カラー4P
白黒18P

就職のため上京して1年。
多忙な仕事と慣れない土地で自分を失う主人公と…。

ヒロインの松田千里ちゃんは主人公と同い年のOL。
主人公と同じく疲れた都会の生活を送っています

おっぱいが大きく、くびれも美しいとても魅力的な体つきです。
昔は黒く長い三つ編みでしたが、現在は社会人らしくセミロング。
下の毛は薄め。
白ブラウスと黒いタイトスカートって最高だよな!と思いきや、脱いでしまいます…。


星野姉妹奮闘記
白黒20P
16年間、男手ひとつで二人の娘を育ててきた中年男。
最近、二人の娘たちが急に色気づいてきて…。

ヒロインは姉のつばさと妹のひなた。
つばさはすこしウェーブがかったロングヘアでオトナっぽい顔つき。
ひなたはショートヘアで爛漫そうな顔つきです。
おっぱいサイズは雰囲気的(あくまで)にひなたが"C"、つばさが"D"といった感じ。
どちらも形が綺麗です。

3Pメインです。


千夏ファイト!
白黒16P
逆恨みから道場破りのような真似をする畑山道場。
教え子を守ろうとする女師範だったが…。

哀れなヒロインの千夏せんせいはショートカットにはちまきと武道着。

許してほしくば…ってやつです。


母、岩槻さゆり
白黒24P
AVに自分の母にそっくりな女優が…。
同じ位置にホクロがあるのに気付き、嫉妬に狂った主人公は…。

ヒロインのさゆりちゃんは黒髪アップのお姉さんです。
おっぱいは丸っとしてて大きいです。

息子に押し倒され、責められ、モノにされるという内容です。
最初に少し登場したピチピチのノースリーブのパンツルックがエロいのですが、ここぞという時には裸でした。


Dream of aiming
白黒20P
アイドルのライブの打ち上げ。アイドルはどんどん飲まされ酔いつぶれて…。

アイドルのみっちゃんは黒髪ショートで目が大きい、幼さを残す女の子。
おっぱいは鞠のようです。

悲しいお話やで…。


交差する雄と雌
白黒22P
一度スワッピングをした相手が訪ねてきて、一本のビデオを見せられる。

ヒロインであるNTR妻はるかさんは黒髪ショートでスタイル抜群。

映像の中では、既に馴らされたはるかさんが相手宅、そして自分達の愛の園で激しくまぐわっています。


愛しい弟
白黒20P
自己で記憶喪失となった弟を男らしく教育しなおそうと調教したら…。

ヒロインの真希お姉さまはロングヘアーでタレ目気味の目付きわるいお姉さま。
胸も大きくスレンダーでThe お姉さまって感じです。
服装はボタンシャツにミニスカート。お尻がプリップリです。


闘う少女
白黒24P
恋人の為に賭けストリートファイトで戦う少女。
勝ち続けた自分に対する倍率を高め、最後は…。

ヒロインのさちえはショートカットのセーラー服(夏)ストリートファイター。
おっぱいはこれまでのヒロインたちに比べて小振りです。形はいいですけど。

残念ながらセーラー服は脱がされてしまいますが、黒ソックスは履いています。

献身的な少女ですね。
彼氏が捨てられる続編が読みたいです。


偉大なる発明
白黒18P
自転車を改良したダイエット製品の企画会議。
早く帰りたいヒロインはお座なりな提案をするが…。

ヒロインの椿さんは、ロングヘアーのOL
おっぱいは大きいです。
服装はレディーススーツ。

仕事中はメタルフレームの眼鏡をかけていたのに…。
ベッドの上だからって服を脱ぐなんて…。

ちなみにダイエット製品っていうのは自転車のサドルにそびえ立つネオアームストロングryが付いたものです
ア◯メ自転車のように漕いでもピストン運動をしたりしませんw


ワガママ沙良
白黒24P
組長の娘(ヒロイン)のボディーガードを任された主人公。
主人公は以前ヒロインに告白しており…。

ヒロインの沙良ちゃんはヘアバンドを装着したおで娘ちゃん。
おっぱいはそこそこ。
服装は肩の開いたカットソーを着ています。

やることだけを重視した展開のため、おっぱい描写がありません。
惚れてるんなら味わおうよ、と言いたい。


大塚子虎先生の描く目と舌が好きです。
あと女体が美しいスレンダーおっぱいなところ。

個人的に気になるところは、弾性器の書き込みが少ない点。
別にホモではありませんし、血管ビキビキや真珠を入れろというわけではありません。
ただ、ソフビみたいな質感なのは盛り上がりに欠けます。

Dream of aiming」でも少し表れていますが、
次の単行本「アングレカム」からはトーン処理の量が増え、ますます好みの絵になっています。
「アングレカム」の感想は次回。


Start of story」「母、岩槻さゆり」「交差する雄と雌」「闘う少女」がお気に入りです。
ちなみに「おおつかねとら」と読むらしいです。
NTRモノを好んでいたことからでしょうか?

個人的な趣味でしかありませんが薬物を使用する倒錯系のNTRは邪道だと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1211-38034b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。