Fate/Zero(フェイト/ゼロ) 第13話「禁断の狂宴」

ここでは、「Fate/Zero(フェイト/ゼロ) 第13話「禁断の狂宴」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FATE13話龍之介 (2)
FATE13話キャスターCOOL
絵コンテ:宇田明彦 演 出:宇田明彦 作画監督:碇谷 敦・須藤友徳
FATE13話ウェイバー目覚め (1)
騎馬に乗り、多くの兵を引き連れ霧のかかる大地を進むイスカンダル。
その先には一面に大洋オケアノスが広がっている。
朝、ウェイバーは目覚め、今見たばかりの夢について思案する。

FATE13話キャスター慰め
雨生龍之介はライダーによってキャスターと共に丹精を込めて創造してきた芸術作品を破壊されたことにショックを受ける。
キャスターは嘆き悲しむ龍之介を慰め、龍之介が言う「バチ」を、「神は人間を罰しない」という原理のもとに否定する。

FATE13話龍之介 (1)
龍之介は慰められながらも、神の存在を肯定する。
探せば探すほど面白い事を見つけられるこの世界。
愛や勇気と同時に暴力も礼賛される世界。
キャスターは龍之介が熱弁した新たな信仰の形に感銘を受け、活力をみなぎらせる。

FATE13話キャスター (1)

FATE13話ライダー本屋
ライダーと共に街に出たウェイバーは書店でアレキサンダーの伝記を手に取る。
最果ての海オケアノスへ辿り着きたいがために遠征したものの、叶うことなく死去したという記述。

そこにライダーが現れ、ウェイバーは慌てて伝記本を本棚に戻す。
ゲーム機とゲームソフトを購入し、ウェイバーとの対戦を望むライダーだったがウェイバーは拒否をする。

FATE13話ライダー諭す
帰路、ウェイバーは黙りこむ。
自分の名を上げるために聖杯戦争に参加した自分と勝利を当然とするライダー。
ウェイバーはライダーに対するコンプレックスを滲ませるが、ライダーはそれを理解し諭す。
地図帳を広げ、自分が世界にとっていかに小さい存在であるかを見せつける。
己の小ささを自覚し、分をわきまえない高みを目指すことが覇道の兆しだと。
2000年前と変わらぬ夢を見続ける男の言葉。
その時、魔力の波動が冬木市を突き抜ける。

FATE13話キャスター
冬木市に流れる大河で大規模魔術の行使をするキャスター。
キャスターは巨大な海魔を顕界させ、それに身体を呑み込ませる。


FATE13話ライダー河
魔力の発生源を探り、セイバーがキャスターのもとへ辿り着く。
さらに休戦を他陣営に呼びかけたライダーとランサーが現れる。

FATE13話ランサー (1)

FATE13話巨大海魔
アイリスフィールは巨大海魔を破壊するには、陸に上がり人を喰うことで自給自足を始める前にキャスターの宝具からの魔力供給を絶つしか無いと分析する。
その分析を聞いたサーヴァント達は、キャスターを海魔から引きずり出しランサーの魔槍ゲイ・ジャルグで仕留める戦術を立てる。

FATE13話セイバー水面を駆ける (1)
先鋒と役目をおうライダーとセイバー。
ライダーは紫電をまとう戦車で空を駆け、セイバーは甲冑を纏い水面を疾走し巨大海魔へ刃を向ける。

FATE13話予告2期


征服王イスカンダルは男前すぎるなあ。
相手の弱さを理解し、しっかり励まし導こうとしてる…。
セイバーを傷つけないために「騎士王」と読んであげる優しさ。

征服王の渾名に恥じない唯我独尊と戦闘能力、なにより王としての器を持った男でした。


キャスターと雨龍は仲良しですね。
おそらく「大怪獣冬木市に現る」が最後の輝きでしょうから華々しく散って欲しいです。


1期はハードルを上げすぎていた事もあり、及第点に達しなかったな、というのが感想。
最初の触れ込みの「劇場クオリティ」どころか、OVAすらも程遠い…。

分をわきまえず高みを望み過ぎ、って感じでしょうか。
実写っぽい画作りをしたいのか引きのカットが多く、そのせいでメリハリがない。
多用するのはいいんですが、それなら大きく動かしましょうよ…。

あと、構成かな~。
最初からディレクターズカットありきで作ってちゃ短期の構成なんて出来ないでしょうに。
かと言って2期分割の制約のおかげで長期の構成も今回の有様…。

これなら10話11話を各キャラの掘り下げと聖杯問答にでも当てて、今回
巨大海魔のお披露目も2期でいいし、キャスターが何かCOOLなことを企んでる!みたいな引きで終わってもよかったんじゃ…。
話を忘れちゃうかもしれませんが、どうせ2期1話は総集編でしょうし。

わかってはいたものの、無意識の内にアニプレックスの宣伝戦略に踊らされてたようです。
TVアニメで劇場版クオリティなんて、あるわけないもんな。


このバイクを召喚して突撃するのかと思った。

FATE13話龍之介
お前は何を言っているんだ


FATE13話ネタライダーコンドーム


FATE資料版権キャスター巨大海魔

FATE資料魔導書

FATE資料巨大海魔


FATEネタ漫画アプローチ

FATEネタ漫画凛ちゃんまじ天使

FATEネタ漫画蟲蟲3分クッキング

FATEネタ漫画もうちょっと小さくなかった?
娘相手に勃起してたと考えるんだ…。

FATE資料漫画会議は踊る
FATE資料漫画会議は踊る (1)
FATE資料漫画会議は踊る (2)
FATE資料漫画会議は踊る (3)
FATE資料漫画会議は踊る (4)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1183-879270a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。