PS3 ICO(イコ) 感想

ここでは、「PS3 ICO(イコ) 感想」 に関する記事を紹介しています。
lib056274.jpg
発売から3ヶ月…ようやくクリアしました。
初回プレイ時間は6時間程度だったんですけどね。

PS2のゲームで名作と謳われているICOですが、私は今回初プレイ。
新鮮な気持ちでプレイ出来ました。

「女の子を守る」という男の子なゲーム内容ですが、その世界観は凄く幻想的。
ゲームを進めていくとフィールドが陽と陰、に変わっていくことで希望と不安、両方を感じられました。
開放的でありながらも閉鎖された空間という孤島の城が舞台なので先を急ぎたい、脱出したいという気持ちにさせてくれるのも良かった。
万人向けでありながらも高度なゲームデザインな雰囲気ゲーだったと思います。

内容自体はとても短いですが、女の子を連れて謎解きをしていくという趣旨のゲームである以上、
これ以上長い距離を走るのは苦痛になると思うのでちょうどいいのかな、といった感想。

HDリマスターということで初体験をくっきりした画質でプレイ出来たのはよかったです。
もちろん最近のゲームと比べるとポリゴン数やテクスチャなんかは荒いのですが…。


個人的な難点はカメラワークですね。
プレイ中のカメラワークが演出に含まれているゲームなので仕方ないといえば仕方が無いのですが…。

アクション難易度自体はとても低いため、アクションは苦手だけど気になっている、という方にはオススメ。
むしろそういう方の向けといった感じ。
ヒントが少ないので、進行難易度はアクションよりも高めです。

キャラが濃ゆ~いゲームではありませんが、エンディングは凄く悲しかったです。
最後にイコが海岸に流れ着いた時はもうね…。
自覚がなくても感情移入していたということかな。


宮部みゆきさんの小説はよんだことあるけど、8年くらい前なので内容は忘れてしまった。
現在ワンダの巨像をプレイ中。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1178-0b3dd76e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック