機動戦士ガンダムUC Episode.4「重力の井戸の底で」 劇場感想

ここでは、「機動戦士ガンダムUC Episode.4「重力の井戸の底で」 劇場感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイアランカスタム

エピソード4はシャンブロによるダカール襲撃からスタート。
黒魔神闇皇帝率いるジュアッグやカプールという、謎の絵面を拝めました。

トリントン基地襲撃水泳部 (3)
戦闘はジオンの骨董品達が奮闘していました。
一方で連邦軍モビルスーツはと言うと…ただの的。
敵機を貫いたと思ったら次のカットでは連邦軍機が3機くらいバラされてるとかざらです。
ゴーグルスキーとしてすごく残念でした。
この辺りは再生怪人よろしく、大量に蘇ったジオンMSを目立たせるための弊害といったところでしょうか。
そうであってもジュアッグのビーム砲を溶断できないビームサーベルはないわぁ…。

トリントン基地襲撃水泳部 (2)

ホバーアタック
この辺りは本当に突っ立ってるだけ。
ジェスタは下駄に乗りっぱなしでしたし…バイアランカスタムは…。
デルタプラスのビームマグナムはかっこ良かったです。
肩から火花吹いていましたし。
たったあれだけの演出でガンダムにしかビームマグナムは撃てないんだな…って思わせられる。
どの作品とはいいませんが見習って欲しいものだ。


バナージとジンネマンの砂漠でのやり取りや殴り合いはジーンと来ました。
しかし、シャンブロの眼前で無抵抗になるバナージには、ちょっと…という感じでしたが。
これからもあんなんなの?

リディとオードリー
そしてリディ…。
ネットではバッシングされていましたが、そこまで言われることではないと感じました。
社会の厳しさに打ちのめされた後、女に振られ、ネガティブになりながらも親のコネで軍に復帰し、虐殺を止めるために戦っただけだというのに…。
SEED DESTINYでもそうですが、極限状態の決断に善悪を付けるっておかしい風潮です。
武装解除するまで敵であり、あの場合ただの虐殺者でしかないです。
最後リフレクターで止めようとした?だからなんだ?ふざけんなって話ですよ。

シャンブロ最後の一砲

原作ではリディの昏い心情描写でもあったのでしょうか…。
どちらにせよ、バナージに人殺しさせたくない!っていう都合を押し付けられた感が拭えないです。
哀れ、リディ…。
今後も心象の悪い役回りが待っていそうです。

デルタプラスビームマグナム

オードリーレストラン
オードリーと喋っていた食堂のおっちゃんの中の人はガルマ・ザビ役の森功至さんだそうです。
「坊やだからさ」と殺された恨みとしてシャアをdisっていたとか…w


本当に連邦軍機はただの的でした…悔しい…。
若気の至りOVAや反米主義作家のせいで連邦下げの風潮が苦しいです…。
コロニー落としの動きは実は陽動作戦だった…という後付け設定には怒りすら覚える。

シャンブロ

シャンブロ黒魔神闇皇帝
元ネタ

HGUCバンシィ
ツノがダルダルですね。
武装のバーチャロン臭が凄いw

HGUCゼーズール

暴走ゾック

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1113-7f7dcf11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。