Fate/Zero(フェイト/ゼロ) 第5話「凶獣咆哮」

ここでは、「Fate/Zero(フェイト/ゼロ) 第5話「凶獣咆哮」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FATEバーサーカー
FATE5話ライダーの名乗り
ウェイバーを連れ、セイバーとランサーの戦いの間に入り、名乗りを上げるライダー。
ライダーは見事な剣技を見せたセイバーとランサーに、軍門に下る気はないかと尋ねる。
二人のサーヴァント、そして監視を続ける切嗣はライダーの言動に呆れる。

FATE5話ライダーの鼓舞
「姿を晒す度胸すら無い臆病者など役者不足も甚だしいぞ」
本来、ライダーのマスターになるはずだった魔術師、ケイネス・エルメロイ・アーチボルトの声が戦場に響く。
ケイネスから聖遺物を盗み、ライダーのマスターになり変わったウェイバーはその声に怯える。
戦場に姿を見せず、隠れてサーヴァントに指示を出すケイネスをライダーは蔑み、共に戦場を駆けるウェイバーを鼓舞する。

FATE5話アーチャー
そして、姿を隠し、戦場を覗き見る他の英霊達を煽る。
ライダーの挑発、そして王を名乗る二人のサーヴァントの存在に金色の鎧に身を包むアーチャーが姿を現す。

FATE5話アーチャー宝具
アーチャーは自身の宝具「ゲート・オブ・バビロン」から刃を覗かせ、大地に立つサーヴァントに向ける。
その時、間桐雁夜に命じられ、瘴気に包まれた鎧のサーヴァント、バーサーカーが姿を現す。

バーサーカーの出現により、さらなる膠着状態が続く戦場。
ライダーはウェイバーにバーサーカーの能力を尋ねるが、
身に纏う瘴気のせいか、魔術師の目を以ってしても、その力を窺い知ることができない。

FATE5話バーサーカー迎撃
アーチャーは自身を見上げるバーサーカーを不快に感じ、ゲート・オブ・バビロンを向け、刃を放つ。
バーサーカーは放たれた剣を掴みとり、刹那遅れて飛来するニ撃目の槍を打ち払う。
その行いに激怒したアーチャーは再び宝具から刃を放つ。
しかし、バーサーカーは十を超える刃をも難なく打ち払う。

FATE5話アーチャー宝具 (1)

FATE5話バーサーカー迎撃 (2)


FATE5話時臣の令呪
バーサーカーの二度に渡る不敬に、アーチャーこと英雄王ギルガメッシュじゃ怒り狂い全力を持ってバーサーカーを排除しようとするが、
今後の戦略に支障を来すと考えたマスター遠坂時臣の令呪を使った命令により撤退する。

FATE5話バーサーカー暴走
殺すべき相手を失ったバーサーカーは咆哮を上げ、セイバーに襲いかかる。
バーサーカーが掴んだ金属パイプを剣で止めるセイバーは、バーサーカーの掴んだ物を自らの宝具とする力に驚愕する。
宝具化した金属パイプと怪力に防戦一方となるセイバーであったが、そこに先約であるランサーが割って入る。

FATE5話セイバー受け

FATE5話ランサー助太刀

FATE5話ケイネス令呪
騎士として一対一の決着を望むランサーであったが、ケイネスの令呪を用いた命によりバーサーカーとともにセイバーに槍を向ける。

FATE5話同盟

切嗣はセイバーが窮地に立たされたことにより、舞弥と共にケイネスの狙撃を試みる。
発砲の直前、戦場に紫電が走る。

FATE5話バーサーカー轢死
ライダーの駆る戦車による突進がバーサーカーを撥ね、踏み潰す。
バーサーカーは戦闘不能になり姿を消し、令呪に縛られたランサーのみとなり、即席の同盟が一転不利となる。
ランサーの騎士の名誉を汚すまいとケイネスに退くように命じるライダー。
敗北必至の状況を理解しているケイネスはランサーと共に戦場を後にする。

FATE5話ケイネス

FATE5話ランサーの礼

剛気を見せつけたライダーもまた戦場を去り、実質的に聖杯戦争の戦端を切った戦いは終結した。

FATE5話雁夜吐血 (1)

FATE5話雁夜吐血
雁夜は暴走したサーヴァントの負担に耐え切れず、虫と共に血を吐くものの、
自分の愛するものを奪い取っていった遠坂時臣の顔に泥を塗ることが出来たことにほくそ笑む。

FATE5話キャスター恍惚
雨龍と共に戦いを覗き視ていたキャスターは、セイバーの勇姿に、かつて心酔したジャンヌ・ダルクの姿を投影し、恍惚の涙を流していた。


面白かったです。
ライダーが王としての気質と男気で盛り上げ、
アーチャーがライダーとは真逆の気質で一触即発の空気を作り、
バーサーカーがその空気を破る。

静で動のための空気がどんどん作られていくのにワクワクしました。
そしてバーサーカーのアクロバット迎撃。
GOBから放たれた刃を掴み、それを自分の宝具として次々と打ち払う。
速い動きの中でも宝具の侵食が目立ち、後にどういう事かを説明してくれるのもよかったです。

そして今後の引きとして雁夜おじさんの狂気とキャスターの涙。
次回が楽しみ。


ライダーが予想以上に男気に溢れていました。
マスターであるウェイバーをしっかり敬って?一人の男、戦士として隣に立つようにバシバシ扱うのに濡れた。
戦士としての誇りを尊重し、ランサーに助け舟を出したのもナイスガイ。
本気で殺す気はなかったようですし、セイバーとランサーの決着の立役者と言っても過言ではない!(気持ちのいい決着になるかは知りませんが)


バーサーカーは3Dモデルでしたがしっかり動いていました。
次々と新しい動きを作るのはお金も時間もかかるでしょうし、今後どれだけ活躍できるのか。
アーチャー戦以外は登場しないとかか?
まあ、いざとなったらもんどり打つ雁夜おじさんを映しておけば…。

FATE5話ネタ雁夜おじさんLIVE

「時臣、貴様の吠え面を見たかったぜ」
「制御できればやれる」

雁夜おじさんキャラが変わってませんか?
一方的な復讐心と苦痛で狂気が積み上げられている雁夜おじさんには期待せずにはいられない。

今回、遠坂に三度しか使えない令呪を一度使わせたことが、今後に繋がるといいなあ。


ある意味、全てを持って行ってしまったキャスター。
来週も登場するようですが、どんな変態的アプローチをセイバーにするのでしょうか。
キャスターの笑顔を見てから胸の動悸が…。


「真の王たる英雄はは天上天下に俺ただ一人のみ」
「誰の許しを得て俺を見ている?」
「その不敬は万死に値する」

ギルガメッシュさん…。


早速、BD-BOXのCMが流れていましたね。しかも全勢力紹介のために長かった。

FATE資料バーサーカー (1)

FATE資料バーサーカー
ひみつのアッコちゃん

FATE資料バーサーカーいける


FATE資料セイバーの実力
…頑張って。

FATEネタキャスター煽り

FATEカットイン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinokurumars.blog104.fc2.com/tb.php/1090-d66770f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。