好きなモノブログ。まとまりが無くてすみません。

真実の涙をもう一度 参加日記はここから


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬ライム

犬いじわる

犬起きろー
スポンサーサイト
くま武闘家

くま鮭

クマライオンにビビる

くまビビる

くまヘッドバンギング
くまハンモック

くまパンチ

くまはちみつぺろぺろ

くまバイバイ2

くまバイバイ

クマ火を怖がらない
なん…だと…?
クマゴミ漁り

クマきのこ

クマエクササイズ

くまかいーの

くまアピール
パンダ卑劣

パンダ滑り台

パンダ脱走

パンダ憂鬱



生態

現在は竹林に棲み、竹食のほか、小型哺乳類・魚・昆虫等の小動物、果物を食べることもあり、他のクマ類と同様に肉食を含む雑食性の特徴も微少であるが残っている。昔は動物園でも肉を与えていたケースもある。氷期の到来による気候変動がもたらす食糧不足から偏食を余儀なくされ、常に入手しやすい竹ばかり食べるようになったと考えられている。しかしながら現在は、中国の飼育環境では、竹以外にも肉や野菜などを中心とした餌が与えられ、竹食中心とは言いがたい。
群れや家族を形成せず、基本的に単独で行動している。他のクマ科動物と異なり、冬眠はしない。繁殖期は年に一度、3月から5月の間であり、マーキング(territorial marking)が行われることもある。メスの受胎が可能な期間は数日ほど。妊娠期間は3か月から6か月で、通常1頭または2頭の子供を出産する。繁殖力は低い部類に入り、乱獲と並んでパンダの絶滅危機の原因でもある。近年の研究によって、発情期以外でも声と匂い付けによって他のパンダと頻繁にコミュニケーションをとり、しばしば交流することが判明している。
外見や動作の特徴は人間にとって「愛らしさ」と映り、そのような面が注目を集めるが、クマ科動物として気性の荒い一面も併せ持っている。動物園の飼育員や見学客などが襲われる事件が過去には何件か発生している。


3ヶ月ほど前に川崎駅近くに期間限定でオープンした居酒屋に行ってきました。

その名は怪獣酒場

ここは日頃ウルトラ一族に叩きのめされているウルトラ怪獣が
ストレス発散や侵略の密談をするための居酒屋で、店長はバルタン星人が務めている…という設定。


怪獣酒場看板バルタン (3)

川崎駅前にあるNOF川崎東口ビルを地下に降りると怪獣酒場の看板、そして…お店に到着!!


怪獣酒場看板バルタン (1)

怪獣酒場看板 (2)

怪獣酒場レリーフ (3)

店外壁面には3種類の電光看板が設置されており、また壁面には怪獣や異星人のレリーフ。
印刷ではなく、しっかりと作られていました。

かなり気合が入っていました。

怪獣酒場レリーフ (6)

レリーフは他にもダダやガッツ星人、メフィラス星人、ダダとかがいました。

怪獣酒場店外壁

ベムラー。こっちはプリントされています。

怪獣酒場店外

窓際には怪獣フィギュアが。
ザラブ星人とにせウルトラマンが重なっているのがいい感じです。


連日行列が出来る人気ですので午後3時半ごろに到着。
バルタン店長が挨拶回りするとはいえ平日の月曜日、列に並んでいたのは一組だけでした。

到着したあとに店の周りの写真撮影をしましたが行列が増える気配は無し。
4時前になるとチラホラと人が増え始めたものの、4時半の開店までに10組も並んでいなかった気がします。
さすが平日月曜日、多くの人は新たな終わらない戦いに苦しんでいます。


怪獣酒場ゼットン (1)

お姉さんに案内され店に入ると右手にゼットンがお出迎え。2メートルくらいの身長があった気がします。
デカいわ薄暗い中で頭部と両胸が発光しているわでかなりのプレッシャー。
これで「ピロロロロロロロロロ」と鳴っていたら失禁ものです。

怪獣酒場ジャミラの口 (1)

左手側には「ジャミラの口」。
案内役のお姉さんに地球防衛隊やヒーローに変身出来るものはお断りと説明され、その証明をしてみせろとジャミラの口に手を入れることを強要されます。
人類を憎悪ジャミラにより地球防衛隊やヒーロー、某国人や要人は手を食いちぎられることになるでしょう…。

手を入れるとジャミラが鳴き、オッケーを出してくれます。


怪獣酒場シーボーズ (2)

「ジャミラの口」の横にはシーボーズのフィギュアが。
「怪獣酒場」という店名の元ネタと思われる「怪獣墓場」の住人。
脱走中という表現から、もしかしたら怪獣酒場で強制労働をさせられているのかもしれません。


怪獣酒場カウンター席

一人での来店だったので通されたのは怪獣エリアと呼ばれるカウンター席。
食玩やフィギュアが並んでいます。

一番右側のカウンターだったので、正面に見えるのは怪獣達ではなく調理師のおっさんでした。

カウンター席に面した通路の上ではウルトラマンを圧倒する異星人や怪獣の映像が流されており、それを肴に酒を煽るのがこの店の楽しみ方の一つのようです。
しかし、1回5分程度でバリエーションが少ないのが寂しいです。


怪獣酒場カウンター席 (1)

携帯電話で目の前にある怪獣のことを調べようと思いましたが電波が…。
怪獣図鑑が必須ですね。

怪獣酒場チャージお通し (1)

席はこんな感じ。
チャージ料は540円で写真右上のあられと箸置きが一つもらえます。
あと大怪獣ラッシュのカードも貰えました。

バルタン星人の取り皿はおみやげコーナーで販売されています。
私が行った時は既に売り切れでしたが。

怪獣酒場ゼットン高熱注意

調理場の真ん前ということもあり高熱注意の表記が。
ずばり1兆度でしょう。ウルトラマンも即死です。

怪獣酒場ゴモラ (1)

上を見上げるとゴモラの首が。
正面から見るとカッコいいのですが角度を変えると平べったいです。

怪獣酒場ゴモラ (2)


怪獣酒場ドリンクビールジョッキドドンゴ (6)

とりあえず生。(という設定で実はドリンク3杯目)
ジョッキは怪獣酒場オリジナルのものです。
おみやげコーナーにも売っており私はバルタン星人のジョッキを購入しました。
ちなみに写真の、麒麟にそこはかとなく似ているドドンゴのジョッキは売り切れでした。


怪獣酒場メニューバルタン星人のおもてなし

怪獣酒場メニューバルタン星人のおもてなし (2)

スペシャルメニューの「バルタン星人のおもてなし
炒飯とピラフの中間な感じのものがバルタン星人のハサミ風の器に入っています。
カニのハサミが乗っているのが物悲しいです。

怪獣酒場メニューだし巻き玉子~じゃこと葱~

じゃこと葱のだし巻き卵

基本的に一品の量は二人前程度で、一人で食べるのは中々の辛さでした。

怪獣酒場ドリンク竜巻怪獣シーゴラスの「トルネード・ブルーハワイ」

竜巻怪獣シーゴラスの「トルネード・ブルーハワイ」

添えられていたのはメジャーなパイナップルではなく、グレープフルーツでした。

他にもジントニックや「ダダの梅酒」を頼みましたが、
怪獣名が与えられたドリンクもそうでないものも、特別な容器で出てくるのはありませんでした。残念。

しかし、隣の人が飲んでいた宇宙怪獣エレキングの「電気ブランサワー」のグラスにマドラーが二本刺さっていた気がしたので、それはエレキングのアンテナを模していたのかもしれません。

ちなみにダダの梅酒を持ってきてもらった際、店員さんに「明日、肌がダダ模様になりますがよろしいですか?」と聞かれました。


席について1時間弱…ついに本日のメーンイベントがやってきたあああああああ!!


フォッフォッフォッフォッ…


店内のスピーカーから流れる不気味な声…

怪獣酒場バルタン店長挨拶回り (14)編集


バルタン店長キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

怪獣酒場バルタン店長挨拶回り (13)編集

ぺこり

怪獣酒場バルタン店長挨拶回り (12)編集

従業員控室から現れ、静かに店外に出ていき行列に挨拶(多分)、その後店内に戻りお客さんに挨拶回りを開始。
席を一つ一つ回り、お辞儀をし、握手をし、写真撮影をしていました。
なんという腰の低さ。
その腰の低さがあれば20億3千万のバルタン星人が皆殺しにされることも無かったろうに…。

バルタン店長の手、大きくて柔らかかったなぁ…。

怪獣酒場バルタン店長挨拶回り (11)編集

幼児のくせにあまり怖がること無くバルタン店長と握手してました。
しかし椅子に立つな。

怪獣酒場カウンター席 (2)

バルタン店長も引っ込んだし、ということで1時間半ほどでチェック。
お会計はテーブルでする仕組み。

下のレジではおみやげ専用のものっぽいです。

怪獣酒場忘れ物

レジにはマグマ星人のフックやメトロン星人のタバコなどの忘れ物がわかりやすく展示されています。
遠くにいるので中々取りに来てくれないと、店のお姉さんが言っていました。


怪獣酒場ゼットン尻

分身発泡と書かれたバルタン星人の中ジョッキを購入し店を後に。
ゼットンの尻に名残惜しさを感じながらも帰路につきました。


怪獣酒場は雰囲気も良く、なかなかいい店でした。
料理は一品の量が二人前程ありながらも、値段は普通のチェーン居酒屋とあまり変わりませんし、ユニークな商品もあり楽しいです。

今回はバルタン店長が挨拶に来ると公式に告知されていましたが、普段はたまに怪獣や異星人が出没するようです。
その辺りは完全に運みたいですね。
何にしろ出会えれば永遠の少年としては嬉しいものです。

不満といえばお土産の種類ですね。
何と言っても、店員さんが着ているダダ模様のシャツが売ってないとか…。あと怪獣酒場のロゴ入りTシャツ…。
ダダシャツのことを店員さんに尋ねたら、皮膚なので売り物じゃないと言われました。

はいだらー!

あと怪獣酒場ロゴの取り皿も数を用意していて欲しかったです。

今回、私は一人で怪獣酒場を訪れたのですが、やっぱり二人以上でワイワイしながら呑んだ方が楽しいですね。
こういうお店だからこそ、尚更ですね。
あと怪獣図鑑があればいいかもしれないです。

ちなみに私はウルトラマンのことをあまり知りませんがそれでも楽しかったです。



最近は怪獣図鑑なんかの電子書籍版なんかもあるんですね…驚き。
これなら荷物にすることなく持っていけたなぁ。



怪獣酒場バイト募集

そういえばバイト募集していました。
ちなみに怪獣酒場の親会社はムーミンカフェ等を展開しているベネリックみたいです。


パンダあくび

パンダごろんごろん

パンダボール

パンダ馬
しろくまこちょこちょ

しろくまとことこ

しろくまごろごろ

しろくまズサー

しろくま駆け抜ける

かわいい





しろくま氷を割れず
痛そう

しろくま強襲揚陸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。