展覧会

ここでは、「展覧会」 に関する記事を紹介しています。

真実の涙をもう一度 参加日記はここから


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムーミン展

MOOMIN!ムーミン展

2014年4月16日から5月6日まで銀座松屋8Fで開催されているムーミン展に行ってきました。
入場料は1000円。

主な展示内容は原作小説で使われた原画の展示。
写真撮影は禁止でした。

ムーミンはアニメをチョロっと視たことある程度であまり知りませんが、ムーミンの輪郭と瞳が好きなので行ってきました。
結論から言うと可愛かったです。あの不安感がたまりません。

ムーミン(族)がクロールで泳いでいる挿絵があったのは衝撃的でした。
本気を出せばそんなに脚が伸びるのかと。


ムーミン展ジオラマ (6)編集

あとはムーミン世界を凝縮した大作ジオラマ。
人形作家・谷口千代さんが制作したものです。谷口さんをググるとムーミン作品が多く見受けられます。
原作者トーベ・ヤンソンと親交もあり、会場ではその経緯が紹介されていました。


ムーミン展ジオラマムーミンハウス (2)


そうそう、展示原画の中にトーベ・ヤンソンが講談社の編集者に送ったスナフキンのイラストがあったのですが、
それが少女漫画チックな顔つきと体型でイケメン度が増々でした。


ムーミン展壁紙 (1)

ムーミン展壁紙 (4)

ジオラマのあるフロアの壁紙はキャラクター紹介。

他にもトーベ・ヤンソンが描いたムーミントロールの原型なども紹介されていました。
ただの化け物でした。


ムーミン展ムーミントロール立像 (1)

ジオラマの横に展示されていたムーミントロール立像。

怖い。あと汚い。



展示はここで終わり。
ここから先は金を毟り取るフロアだああ!!


ムーミン展ニョロニョロのたね壁 (2)

出口のすぐ先にはニョロニョロのたね(意味深)を売るムーミンスタンドが。


DSC_0262.jpg

何かは忘れましたが、この会場限定のモノを飲みました。
ニョロニョロのたね(意味深)を+50円で増量し486円だったかな。
意味深さを醸し出すニョロニョロのたねですが、タピオカです。

ストローのニョロニョロは外してボールペンやリップクリームに装着可能。

カップを捨てるゴミ箱があるのですがニョロニョロのたねの汁が付着していて現実に引き戻されます。

DSC_0259.jpg
この画と同じものがLINEスタンプにあり、気まぐれに使用していましたが、気取った挨拶をしているんですね。ルネッサンス。


ムーミン展おみやげ (3)

物販では

ムーミンと脱帽したスナフキンのイチャイチャ友情Tシャツ 3888円
ムーミンとスナフキンのイチャイチャ友情マグカップ 1620円
ムーミンママのおっちょこちょいグラス 998円
ピンズ×3 各648円


を購入。

どれも必要ではありませんが買ってしまうんだな。ひのわく
○○展なものに行くと基本的にマグカップ、グラス、Tシャツを買っているので基本的に趣味ですね。

ムーミン展おみやげ (5)

基本、ムーミンとスナフキンが好きなので、このカップルコンビの商品を買ってしまうんだよなぁ。
空気感がいいです。

なんだかモノクロな物ばかり買っていますが、華やかな彩りの商品も多くありました。
というかそっちのほうが多かったです。




ムーミン展に行ったのは4月19日と開催して間もなく行きましたがすごく混んでいました。
全ての展示物を見たかったので流れに身を任せ進んでいきましたが、気がついたら結構時間が経っていました。
物販込みで3時間くらいムーミンに塗れていた気がします。

ゴールデンウィーク期間中はさらなる激混み必至なので、覚悟のない人は行かないほうがいいと思います。
物販は入場無料ですが、人の流れが作られていないため混雑感は展示場以上でした。

全国10箇所で巡回するようなので、皆が忘れた頃に行くというのも有りだと思います。

2014 年4月 16 日~5月6日 東京都 松屋銀座
2014 年5月 10 日~6月8日 盛岡市 Nanak
2014 年6月 14 日~7月 13 日 米子市 米子市美術館
2014 年7月 23 日~8月4日 札幌市 丸井今井札幌本店
2014 年8月8日~9月6日 広島市 広島県立美術館
2014 年9月 13 日~10 月 26 日 米沢市 米沢市上杉博物館
2014 年 12 月 11 日~12 月 25 日 大阪市 あべのハルカス近鉄本店
2015 年1月2日~2月 15 日 宮崎市 みやざきアートセンター
2015 年3月 20 日~4月 19 日 岡山市 岡山県立美術館
2015 年4月 25 日~5月 17 日 名古屋市 松坂屋美術館


[PDF]「MOOMIN!ムーミン展」報道用資料


こいつ、誘ってやがる。
スポンサーサイト
おそらく00シリーズ最後の本格ムック本だと思われる「機動戦士ガンダムOON integrated G-ROOMS」を購入しました。

電撃ホビーマガジンという模型誌の連載ながらもメカデザイナーを始め00スタッフの協力のもと製作された本作は、
00本編の世界観や設定を語る上では欠かせないものとなっていると思います。

「模型誌の企画だし、模型ばかり掲載されているんでしょ?」という方もいるかと思いますが実は違います。
もちろん制作された模型の写真も掲載されていますが制作過程の写真は無し。
完成品と塗料の調合データのみが基本とったレベル。

「シチュエーションを写真のように見せる」というコンセプトの企画のため、
模型をBG(背景の絵)に溶けこませてあり、一見するとそのビジュアルは一枚の写真や絵といった印象を受けます。

また、「シチュエーション」を重視しているためビジュアルの主役がメカではなく風景の一部であることもしばしば。

ビジュアルの設定や説明として添えられる文章はレポートや記事の体をとっており読み応えがあります。
文章は千葉智宏氏ではありますがク「アンタならELSの殲滅が可能」といったアレなアレはなかったです。

「劇中で語られていない世界観や設定をペロペロしたいよ~!」

という方にはお値段は張りますが是非手にとってもらいたい一冊です。
まあ、そういう方以外では楽しめない本ではあります。


ELSクアンタ、サキブレ、ユニオンブラスタをじっくり見れるのはこの一冊だけ(多分)!
劇場版は新規MSは当然のことELSイメージラフ(ELSの記憶)、巡洋艦などの艦艇などのアニメ用カラー設定画が掲載。
また、00のコンペに出された各デザイナーの「ガンダム」も掲載。フラッグやティエレンの企画用イラストも。

メカニック関係はいつも通り可動ギミックからコックピットまでしっかり掲載。
地味にスクリーンを彩ったオーバーフラッグやイナクトの宇宙型、ガガキャノン、ユニオンリアルド ホバータンク ダブルバレル、ELS、ELSジンクス、
ヴォルガ級、ヴァージニア級、ナイル級などなどの艦艇は格納庫デザインとまとめて掲載です。

1st、2ndに比べてインタビューが充実。
海老川兼武さん(エクシア、GN-Xなど)はモニターグラフィックの分も含めると12Pも収録。
このインタビューのうれしいところは初期案やラフデザインが掲載されているところ。
1stシーズンでのパワーアップ案ガンダムエクシア1.5やELSダブルオークアンタのラフデザインなど。
これは他デザイナーも同様です。

ラフデザインは当然のこと、それに触れたインタビューはあまり世に出ることは無いのでかなり貴重だと思います。
インタビューから設定をどうデザインに取り入れるのか、またその逆も覗うことができて読み応えも十分。
「ガンダム00」を総括したインタビューとなっています。

設定や世界観の考察も通常通り収録しています。


フラッグも太陽光受電システムが積まれているなんて…。イナクト涙目
機動戦士ガンダム00メカニック-Finalの発売日が3月23日に決定。

このシリーズはMSや世界設定をメインに掲載しているものです。


劇場版は未だに設定が不明なことが多いので楽しみです。
ソルブレイブヴス
ソルブレイブヴスのパイロットたち。
実力重視であるため女性もいます。

イェーガン!あえて言ったはずだ…!!


フィルム
刹那専用オービットフラッグが去っていくあたりのシーリンでした
劇場版00フィルム宇宙火線
いや、こういうのよりはいいけどさ…MSがよかった…。


up0021.jpg
[機動戦士ガンダム00 Second Season Blu-ray 第1巻]の続きを読む
4機集合絵
[機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第7巻]の続きを読む
劇場版00のエンディングネタバレです。
[外宇宙航行艦スメラギに搭載される作業用MSサキブレ]の続きを読む
ジンクス
[機動戦士ガンダム00 Blu-ray 第6巻]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。