2012年アニメ

ここでは、「2012年アニメ」 に関する記事を紹介しています。

真実の涙をもう一度 参加日記はここから


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Another12話集合写真
ついに最終回…。
三年三組の死者は彼女でした…。

正直、同一人物だって気付いけなかったて言うね。
軽くネタバレはくらっていたのですが、何故彼女が死者なのか理解していませんでした。
そして最終回を見て、そういうことかと。

災厄を受ける対象の中心が三年三組に属する教師も含まれているのなら、死者が教師であってもおかしくない。
三神家のおじいさんは、ただ曖昧なだけではなく、事実を述べていた…。
言われてみれば材料の多くは序盤から中盤にかけて描かれていたわけですね…。
一方で、存在しないキャストをクレジットしていたりもするわけですが。


いやースリリングな作品でした。
毎回、誰がお亡くなりになるのかとヒヤヒヤものでした。
その一方で女の子は可愛いし、なにより歳上のお姉様方がいっぱいいるっていう最強布陣。

こりゃBD買い決定だな!と言いたいところですが、ソフトパッケージが角川価格+0巻がDVDという欠陥を抱えているためスルー。
BOXでは0巻もBDに収められるでしょうし、それを待つとします。




Another12話赤沢出会い
赤沢さん…最期まで恒一くんのために一生懸命だったのに…。
まあ、災厄によって記憶が改ざんされていたので仕方が無いのですが…。
くそぉ…漫画の方では生きているようですよ。
それはそうと、お兄さん死んでたんですね。

Another12話MD
話し合ってと言われても、判別のしようがないなら、みんな死ぬしか無いじゃない!!
[Another(アナザー) 第12話「Stand by oneself <死者>」]の続きを読む
スポンサーサイト
あの夏12話EC
脚本:黒田洋介 絵コンテ:長井龍雪・二瓶勇一 演出:長井龍雪・錦織敦史
作画監督:木本茂樹・櫻井親良(メカ)・山下祐・石川健介・田中将賀 総作画監督:田中将賀
[あの夏で待ってる 第12話「あの夏で待ってる。」]の続きを読む
ミルキィ二12話ダンス
なるほど。
ミルキィホームズ第二幕はアンリエットさんのミルキィホームズに対する恋慕の話だったのか。
そう思うといい最終回だった。
アンリエットさんのイタさも垣間見れたし。

ミルキィ二12話アンリエット変装

↑イタいアンリエットさん↓

ミルキィ二12話アンリエット変装カフェ

それでも、二期は一期のまがい物を見せられている感じがして満足出来ませんでした。
マンネリ感もありますが、やっぱりわざとらしいキチガイ感というのは視ていて辛いですね。
天然っ娘と天然ぶってる糞餓鬼の違いというか。

この不満はキービジュアルの中心がアンリエットさんであったため、勝手な期待をしていたかもしれないですけど。
もっとアンリエットさんとアルセーヌ様の活躍が見たかった。


アルセーヌ様の値が少し戻ってる。
売れたのだろうか…だとしたら嬉しい。

ミルキィ二12話EC
[探偵オペラ ミルキィホームズ 第二幕 第12話「アンリエットの帰還」]の続きを読む
EVOL11話アマタ浮遊 (1)
アマタさんかっけー。
自分から手を触りに行ってるじゃないですか!
凄くいい雰囲気で今後はもう安泰ですね!!

…と言いたいところですが、ミコノはムードを作られたり強引に迫られたら簡単に情を移してしまう尻軽。
来週はカグラと接触しそうですし、またアマタを動揺させる振る舞いをしそうです。

EVOL11話ゼシカ嫉妬
ゼシカは戦う前から大敗北。
嫉妬と悔しさから、ついつい衝撃力を発揮してしまいました…。
カグラとゼシカの接触を目撃し、その後、鏡に映ったヴィジョンをアマタにリークするのかな。
そして、落ち込んだアマタを慰め、一時だけ惹かれあう…。
頑張って欲しい。間違いなく敗北するわけですが。

EVOL11話ジンベンチ
この二人はどうなってしまうのか。
ミカゲにちょっかいを出され始めましたが…。
アマタとミコノにとっての指針となるような役割を任されそうです。



EVOL11話予告
シュレード逝った…。
[アクエリオンEVOL 第12話「アクエリアの舞う空」]の続きを読む
Another11話杉浦倒錯 (2)
杉浦さんがご乱心なされた…。
でも作画でおっぱいが大きく描かれていたから、まあいいや。

杉浦さんは前島くんがババァに刺されたの知っていたようです。
シリアルキラー・ババァの悪行に乗じて死者(鳴ちゃん)を死に還し、その罪をババァに押し付けようとしていたのかな。
というかババァに襲われて血まみれになってるのによくやるよ(反撃して負傷させてるけど)。
恒一の金的を蹴りあげたり、バーベキュー串で突き刺したり。
でも、おっぱいが大きいからいいや。

そういえば、杉浦さんって福圓美里さんなんですね。
気合だ気合だ気合いだ~!

Another11話赤沢股
ほんと、赤沢さんはやることなすこと裏目に出るなー。
望月のオカマ野郎にも責任があるとはいえ、情報の保持は最小範囲で抑えなきゃ。

Another11話小椋兄貴の仇
前々回、ひきこもりの兄と友人の綾野さんを失った小椋さんも、杉浦さん同様、気が触れてしまったようです。


今回はずっとハァハァと緊張しながら視ていました。
シリアルキラーのババァの存在なんて予想外すぎですよ。
災厄が人為的な殺人まで引き寄せるとは思っていませんでした。


Another11話予告 (1)
次回が最終話かな。
次回もババァがハッスルしていたり、赤沢さんが鳴ちゃんの邪魔をしたりと見所が有りそうです。



Another11話合宿参加者
[Another(アナザー) 第11話「Makeup ~惨劇~」]の続きを読む
あの夏11話檸檬運転
檸檬は本当に何者なんだよ…。
やっぱり本物のMIB…。
地球の一部(檸檬が所属する組織)は既に銀河連盟と接触していて、すでに連盟加入に向けて動いているんじゃない。
以前も書きましたが、「檸檬が」撮っている映画は地球人が他の知的生命体と友好的に付き合えるかの記録だったり。
これが劇中劇と言われても違和感ない。

初めは生体反応の発散を防ぐ布やデコイも檸檬が持ってきたものかと思いましたが、
あのワゴン車に積んであるのがベスパだったり、ルーフに偽装されていた機械腕の技術も地球レベルだったのでやっぱり違うみたい。

あの夏11話美桜二人乗り
美桜大勝利。
やっぱり「好き」だと伝えることは強いですね。
哲郎にとってはとんでもないプレッシャーだっただろうけど。
何にせよ二人きりのデートの約束も取り付けたし、幸せになれるといいね。

あの夏11話柑奈後悔させてやる (2)
一方、柑奈は…。
檸檬に海人とイチカを呼びに行くように頼まれたり(おそらくわざと…)、膝枕がどうとかいちゃつきを魅せつけられたり、
好きな男を奪った女のためにあれこれと手伝うことになったり、本当に踏んだり蹴ったり。
それでも柑奈ちゃんは優しいからね…。

三年後、いい女になって、幸せになってほしいです。バーカ!


マウスやキーボードが登録されていました。
りのんマウスは予想できるけど、キーボードはどういう絵柄になるのだろうか。

脚本:黒田洋介 絵コンテ:佐藤卓哉 演出:鈴木健太郎・桜美かつし 作画監督:矢向宏志・伊藤良太・新垣一成・冨岡寛 総作画監督:冷水由紀絵
本当に美桜が勝ってしまったか。
[あの夏で待ってる 第11話「行かないで、先輩。」 ]の続きを読む
EVOL11話アポロンとシルフィー
ゼシカが見たビジョンはどういうことだろう…。
アマタとカグラがアポロンが分裂した過去生であるように、ゼシカもシルフィーの過去生なのか。
分裂した魂の陽の部分がアマタとゼシカ、陰がカグラとミコノになるのかな。

でも、カグラがミコノを「臭い」と言うのは相反する属性を持っているからとも考えられる。
そうするとミコノが陽でゼシカが陰?
でも陰と陰、同じ属性から来る歪さを「臭い」と言い、自己愛的な面から「甘い」と言っているとも考えられる。

理性と野生に分裂したのだとすると、理性はアマタとミコノ。
野生はカグラとゼシカになるのかな。
ゼシカの野生が服の布面積の増加を拒んでいる。
あとこの前の脱衣回。

理性と野生に分裂したのだとすると露出の多いゼシカが野生になるのかな。
ゼシカの野生が衣服の布面積の増加を拒んでいると。
第8話のノーガード回にも繋がるし。

ま、この辺りはなんとでも言えるか。

EVOL11話カグラ愛の叫び (1)
カグラはいいなぁ。
アマタはチンタラしていて面白くない。
どっちが主人公でもいいから動いて欲しいです。

EVOL11話アリシア
中古とまで言われてしまったアリシアさん(経産婦)。
おそらく、このことはアルテアの男達には知らされてないんだろうなぁ。もちろんジンにも。

イズモが先遣隊として地球に潜入した際に一目惚れして、数年後に攫いに行ったら子供を産んでいた、ってことでいいのかな。
NTRすなぁ…と思ったけど、イズモが個人的にコンタクトを取ってい可能性もあるし、その時に種付けしていたとも考えられる。
そして、その時出来た子供がアマタ、と。
アリシアはアマタのお姉さんだと思っていました。まさか母親だったとは。

イズモは不動ZENと何か関係があるのかな。
右目が疼いていたようですが。


アクエリオンはホビー系の展開が鈍いなぁ。
シュレードのBDのCMは面白かったけどさぁ。

EVOL11話ゼシカ間接キッス
早くアマタにアプローチして欲しいですわ。
そして私を悶えさせてくれ。
[アクエリオンEVOL 第11話「野生の召命」]の続きを読む
ミルキィ11話ミルキィホームズ
えー…これで解決?
なんかガッカリ感が酷い…。

ミルキィ11話ラードイカロス
ラードはある意味かませよりひどい扱いだなぁ。
ミルキィホームズがブー太暴走の原因を作ったのにフォローもないし。
今までもフォローなんて全くありませんでしたが、それでもラスボスなんですよぉ!?
これなら出落ちのイケメン化なんてしないで、ブー太のまま強いほうが良かったです。

ミルキィ11話アルセーヌ我侭
地球を蹴った反動で自転を進ませ、朝と昼を入れ替えるとは…ってちょっと反応しづらいです。
蹴られたらエリーでも死ぬだろ。


今回は悪い意味で酷いな。

無理やりとんちんかんなギャグを突っ込んでくるという二期の欠点の集大成と言った感じでした。
ラード神との追いかけっこをせずに、博物館でラード神を倒せそうな凄い宝物を漁るのに尺をとったほうが、
つまらないラードネタやブゥブゥの連呼をしなくて済んだのに。
もったいないなぁ。

っていうか第二幕キービジュアルはアンリエットさんが中心なのに、全く掘り下げられてないじゃん!!
ミルキィホームズをかつての姿に戻し、再戦したいという一期の繰り返しでしか無かった。
烏龍茶で呑んだくれる位しか新たな発見もなかったしさあ。
ちくしょう。


だれかアルセーヌ様を引き取ってあげて…。

ミルキィ11話怪盗帝国
[探偵オペラ ミルキィホームズ 第二幕 第11話「ラードの神」]の続きを読む
Another10話見崎義眼
「死者を死に還せ」、災厄から逃れる方法と鳴ちゃんが持つ死の色が見える瞳の存在が明かされ、一気にクライマックス。

いつもは天然で無機質な鳴ちゃんが弱気になっているのにはニヤニヤしましたなぁ。
これも対策係の赤沢さんが八つ当たりしてくれたおかげですな。
弱っているところに助ける人が現れたら、つい自分の脆さや業を告白したくなるもの、人間弱いものです。

未咲ちゃんが血の繋がりがある存在、というか双子だったのは予想外!
離れ離れで育ったからこそあのイチャイチャなのかもしれませんな。
鳴にとって、未咲はマジ天使?

Another10話赤沢堤防 (1)
おにいのばかあ。
赤沢さん家のお兄さんは高校卒業後引き篭って壁殴りしてるクズらしいです。
最初の頃、赤沢さんが東京の高校に行きたいって言っていたのはそういう理由があったからなんですね。

Another10話赤沢謝罪
対策係(笑)
辛い時に温もりをくれた榊原くんを奪うわ、いない者として振舞わないわで爆発ですよ。
死人も続々と増えるばかりですし、ストレスマッハ。
でもしょうがないよね!
私は責めもしないし、嫌いにもなりませんよ!!
これがただの前振りでしか無いと明白だとしても!!!

Another10話予告
皆殺しにしたら災厄止まるじゃん!!って奴が出てきたってことかな。
幽霊よりも人間のほうが怖いっていう…。


そういえば未咲ちゃんが出てきましたね。
そんなにDVDという☓媒体を売りたいか!?
[Another(アナザー) 第10話「Glass eye <漆黒>」]の続きを読む
あの夏10話柑奈叫び (2)
脚本:黒田洋介 絵コンテ:二瓶勇一 演出:高島大輔 作画監督:木本茂樹・伊藤依織子・大館康二・新垣一成・るたろー 総作画監督:田中将賀
[あの夏で待ってる 第10話「先輩と、僕らの。」]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。