2010年アニメ

ここでは、「2010年アニメ」 に関する記事を紹介しています。

真実の涙をもう一度 参加日記はここから


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒猫って五更瑠璃って言うんだ。
まなみがベルフェゴールって後々何かあるのか?
それともマスケラに出てくるベルフェゴールの正体がまなみ?

黒猫のぼっちに胸が痛み、エッチなお礼に股間が痛む。
黒猫のドSな一面「ああうそだぜ。だが、マヌケは見つかったようだな」

相変わらず京介がイケメン過ぎて辛い。

弾幕系って記憶ゲーじゃないの?
初見でクリアできるものなんだ。
高校って何度も留年できるのか?

という疑問は赤城妹の異常性癖の前に消滅。
腐女子…というか最早、異常者。
赤城兄もシスコンなようで。

今回も安定した出来でした。


ねんどろいどプレミア付いてるー!
スポンサーサイト
明日、3月8日正午に配信終了ということでバンダイチャンネルにて視聴しました。

アバン、Aパートはテレビ最終話とだいたい同じ、BパートからTRUE ROUTEに。
これが原作通りの展開みたいです。

「お前、うんこ食うの?」

結局のところ、俺の黒猫はいつも通り可愛かった。みたいな感じでした。
あと2本か3本あるのかな?


ハトプリエンドカード
[ハートキャッチプリキュア 第49話 (終)「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」]の続きを読む
プリキュア48話 (4)
ダークプリキュア…。なんと美しい。
[ハートキャッチプリキュア 第48話 「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」]の続きを読む
なんだかんだでズルズル見きってしまった。
面白かったわけじゃないけど裏表のない絢辻さんが視たいがためにここまで来てしまった。
響鬼ちゃんルートも無かったし。
ひざ裏、へそ、調教…後半に変態プレイあったかな…。もはや記憶にない。

最後のストーカー女がかってに改蔵の羽美をマイルドにした感じだった。

絢辻さん最高だった、というのが唯一の感想でした。


絢辻さんじゃなくて名塚佳織さんのファンなんじゃないかという気もしてきたけど。

なぜそのタイミングでそれ町の予告が…。
俺が視たかった「それ町」はこんなんじゃねえっ!!と思っていましたが、後半になる辺りには演出も抑えめになり楽しめるようになりました。
しかし、ナレーションはいらない。

最終回に臨死体験の話を持ってくるのは意外でした。
それ町にある、たまのいい話のひとつですね。

正直、シャフトで残念でしたが…。
他の会社(というかスタッフ)が作って上手くいくか想像も出来ないですしこれでよかった、のか?
間が重要な作品ですのでスタッフ次第ってやつなんでしょうけど。



やっぱり原作のほうが好きです。
途中で視聴を切っちゃいましたけど再び視聴再会、そして最終話。
いやあ、また見始めてよかったです。

2クール目ぐらいからの盛り上がりと緊張感は最近のアニメでは最高クラスのものでした。
いつもはノイタミナには期待していないんですけどよかったです。
役者さん達の好演も光っていました。
最初は高木渉さん合ってないんじゃないか、と思っていたんだけど…いやはやそんなことはなかった!

恵ちゃんのおっぱいプッシュはテコ入れになったのだろうか…。


「くちづけ」「月下麗人」収録。


8巻9巻にはTV未放送話をそれぞれ1話ずつ収録しています。
秋アニメは豊作でした。
そして海月姫もそのうちの一つ。

テンションも高く、かといってそれだけでなくメリハリをつけた演出でしたのでとても見やすかったです。
登場キャラにも愛着湧くなぁ。
男性向け(と言っていいかわかりませんが)がラノベやマイナー雑誌の萌え漫画からの原作が多い中、
こういう女性向けの良原作が来てくれるのはとても嬉しいです。
だいたい作品のウリに到達するまで3話も4話も待ってられるかってんだ!!!

OPは映画のパロディだけではなく曲もよかった。EDも。
チャットモンチーとサンボマスターのCD借りてしまうほどに。
適当に借りたらチャットモンチーはB面集でしたけどw。
サンボマスターはMCっぽいのが入っているのが苦手です。

最終話は月海がウサビッチみたいな顔になってる…。
ヨン様って時代を感じるなぁ…。(まだ連載続いていますけど。)


とりあえず最高の花澤アニメでした。
根暗黒髪眼鏡貧乳キャラに適当に花澤香菜さんをあてる時代は終演を迎えるのだ!!



間違いなく2期がないのが辛い…。
少年漫画的な展開は普遍ですね。
なんとなく幽☆遊☆白書とセーラームーンの劇場版(タイトル失念)を思い出しました。

クモジャキーとコブラージャ最後の輝き!
と、TOKIが見えるよ…プリキュア…。
単品浄化バンク久しぶりに見た。

コフレに比べてポプリの適当な台詞…しかもコブラージャを憐れむし。
まあサンシャインは今回あんまり活躍してないしね…。

ポワワワワーン

気高く美しいムーンライト様も堪能できたので満足でした。
サバーク博士は想像通りですね。
子供はゆりさんの父親の話を覚えているのでしょうか?


新プリキュア絵柄が戻ってますね。評判悪かったのでしょうか。
DX3、ムーンライトと黄色いのがすっごく前面に出てました。

パンスト13話

笑劇の最終話
[Panty & Stocking with Garterbelt 第13回 最終話 第27話「ビッチガールズ」 第28話「ビッチガールズ 2ビッチ」]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。