劇場アニメ感想

ここでは、「劇場アニメ感想」 に関する記事を紹介しています。

真実の涙をもう一度 参加日記はここから


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレヨンしんちゃん逆襲のロボとーちゃん

映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

もう、いい歳なのにクレヨンしんちゃんの映画を 1人 で観てきました。
普段、というかクレヨンしんちゃんのために劇場まで足を運んだのは初めて。
でもひろしが主役というのならば観に行かない訳にはいかないじゃない!あと脚本が中島かずき。
という訳でレッツらゴー!


劇場版カンタムロボを観終わったしんのすけとひろしは大興奮。ひろしはロボットの合体よろしく、しんのすけを肩車をするが、そのはずみでぎっくり腰を患ってしまう。

家族がうるさい35年ローン(現32年ローン)の家では療養できないため、傘を杖代わりに病院に足を運んだものの日曜日のため休院。
その帰り道、セクシー美女・小女鹿蘭々(おめが・らんらん)に呼び止められる。その色香に釣られ、ひろしはアンケートに答え、
そして無料で招待されたメンズエステ「ビューティフル・ダディ」ほいほいついていってしまう。
そして…。

というのが導入部分。

この後はロボひろしが大活躍&大暴走。
タイトルの「逆襲の~」というのは父ゆれ同盟(父よ、勇気で、立ち上がれ同盟)での活動にかかっているものです。

父ゆれ同盟は、自宅に居場所のない父親たちが決起し、強い父親の復権を目指している集団です。
やってることが割りとえげつなくて笑えます。


話の進行は基本的にギャグまかせ。しかし、すんなり進むので違和感はありません。
そのギャグも歳をとったこともあり、昔のようにゲラゲラ笑うことはありませんが、それでも面白いです。
つまらなさで印象に残ったのは五木ひろし(コロッケ)くらいですかね。

あとは題材がロボットで脚本が中島かずきということもあり、ニヤリとさせられることが多々有りました。
劇場版カンタムロボのグレンラガン感っぽさと変化球感は気持ちよかった。
武器としてドリルを出すものの、地下トンネルを掘る円柱状の掘削ドリルを出して「先が尖ってない!」みたいな。
最終形態への合体過程が真ドラゴンなので、元ネタのゲッター感も感じられました。

ちなみにカンタムロボの相棒のジョン少年は29歳になっていました。完全なメタネタです。

掘削ドリル
こんなドリル。

個人的にロボット描写で「おっ!」と思ったのはロボとーちゃんのマッスルパッケージ(フルメタ的に言う)でした。
フルパワー時の膨張描写がカッコ良かったです。
あと間接を無視したロボットならではのどつき合いも面白かったです。

演出や美術面での「分かってる感」もあり、脚本との相乗効果が楽しかったです。


クレヨンしんちゃん逆襲のロボとーちゃん段々原照代

毎度恒例のタレントがゲストキャラクターの声優にねじ込まれていましたが、今回は武井咲がおっちょこちょい婦警・段々原照代の声を当てています。
検索関連ワードで「ヤンキー」とか「ゴリ押し」とか出てくる彼女ですが、けっこう上手で、段々原ちゃんの可愛さを引き出していました。


クレヨンしんちゃん逆襲のロボとーちゃん小女鹿蘭々

ゲストキャラクターといえば、ひろしを罠にはめたセクシー美女・小女鹿蘭々ですが、正直ムラムラしました。
このエステティシャンの衣装をはじめ、コスプレ衣装が多く、本当にエロかったです。

声優は一木美名子さん。おそらく舞台での活躍の方が多いのかな?
WikipediaではDTB 黒の契約者で校長を演じたらしいですが…3話か4話で登場したのかな。


「逆襲のロボとーちゃん」ですが観て良かったなと思いました。
思い起こせばギャグが多めながらも、印象に残るのは野原一家の絆、そして父の、ひろしの魂の強さ。
最後はお約束ながらもウルっとしちゃいました。

鑑賞中は小さな子達が観て面白いのか?と思いましたが、今思えばギャグどころとワクワクどころが両方入っていたので楽しめるのでは、と思いました。
でも、やっぱり子連れの父親がメインターゲットだよなぁ。



小女鹿蘭々は次の劇場版に出てもおかしくない感じったなあ。エロ画像無いかな…。
スポンサーサイト
サヨナラノツバサパンフレット (2)
映画館でポスターの写真撮ってこればよかった。

伏見ミリオン座10:25分からの上映を観に行きました。
オーズの記事を書いていたら到着がギリギリになったものの真ん中少し高めの席に入ることができてなんという僥倖。
名古屋は109シネマズと伏見ミリオン座の二館上映というのが功を奏したようです。

右には中年男性、左には女の子二人組でした。
右の男性がポップコーンを食べていましたが、気を使って食べていたようでなんとか。クチャラーでもありませんでしたし。

チケット購入時にブレイクブレイドとそらのおとしもの広告を頂きました。
予告ではブレイクブレイド最終章。
109シネマズではアクエリオンEVOLの予告?発表?が観られるそうです。

ほとんどネタバレです。
[劇場版マクロスF 恋離飛翼 ~サヨナラノツバサ~ 感想]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。