スーパー戦隊シリーズ

ここでは、「スーパー戦隊シリーズ」 に関する記事を紹介しています。

真実の涙をもう一度 参加日記はここから


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴーバス5話ブルー地獄へ落ちろ
熱暴走でパフォーマンスが悪くなるのではなく、性格がピーキーになるとは…。
リミッターが外れて戦闘能力が増した状態なので、そのうち意識的に熱暴走状態になって戦いそう。
それで、俺達を信じてくれ!みたいな。


ゴーバス5話タイヤロイドせめてパンクだけでも
それにしてもリュウジさんドSすぎてビックリした。
問答無用にマウントを取って一方的な暴行を加え、必殺技も無しに串刺しにし、息の根を止めるなんて。
しかもタイヤロイドが実体化して五分くらいで。

熱暴走状態でゴーカイジャーのマーベラスに絡ませて欲しいですわ。
シーイックパワーで冷却されそうですけど。

ゴーバス5話リュウジ熱暴走
DV夫のごとく。


メガゾードγタイプの鹵獲から始まり、車輪を使わないタイヤロイド、熱暴走するリュウジ、
泣いちゃうヨーコちゃん、ニワトリの看板でフリーズするヒロム…と予想外の展開が連続して面白かった。

本筋のリュウジの熱暴走を中心にした三人の信頼関係が篤くなる話も面白かった。
今後も期待できそう。

ゴーバス5話予告 (1)
次回はついにバスターマシンが合体!
メカっぽい意匠もすごくイイ!!
基地内部が攻撃されるという展開にもワクテカ。
…と言いたいところですが、生活環境の変化により、リアルタイムでスーパーヒーロータイムが視れなくなりました。
そのためゴーバスターズの記事も今回が最後…。
今までありがとうございました。

[特命戦隊ゴーバスターズ 第5話「キケンな熱暴走」]の続きを読む
スポンサーサイト
ゴーバス4話カッターロイド
カッターゾード強いなー。
ベース機体が戦闘に特化したγタイプだったため、あの戦闘能力だったみたいです。
ATフィ…じゃなくてバリアも張れるようですし、かなりの強敵ですね。
開始四話目の雑魚敵枠なのに主人公メカの装甲を容易く切り裂くって…。

ゴリラとラビットもパイロットがいない状態だと戦闘もままならないっぽいですし、かなりシビアなバランス。

ゴーバス4話ゴーバスターエース回転のこぎり
煙がシュウシュウ出ているとか、内部メカが少し露出、っていうお決まりのダメージ表現じゃない!
今までは最終話直前でもこんなにダメージ受けませんよ。

ゴーバス4話予告レッドコックピット回転のこぎり
メカが大ダメージを受けたら放り出される、っていう事はなさそうですね。


今回はメガゾードが純粋に強さに特化していたため少しハラハラ。
ゴリラやラビットは棒立ちではなくて、エースの正常化の時間稼ぎのために散開してカッターゾードの気を引くとかしててほしかったな。

あと司令官が超リアリストですげー熱い。
バスターズの友人ではなく、司令官に徹しているところが渋い。
メサイア撃滅を一貫しているのもいい。
とてもEDでウインクしてダンスしているとは思えない。


ニックはよく無事だったな。

ゴーバス4話予告
熱暴走するとフリーズするのではなくて、性格が豹変するのか。
ゴーバス3話ゴリラ到着
今回はブルーのバスターマシンGT-02ゴリラのアニマル形態が初お目見え。
両手をついての歩行や、橋の裏の柱を雲梯のように使って移動する等、凄くゴリラでした。
初登場と言っても敵メカにトドメを刺したのはゴリラではなくチーター(ゴーバスターエース)でした。
あくまでゴリラやラビットはサポートメカという扱いのようですね。

ゴーバスターエースの夜間戦闘はCG処理がしっかりと夜間用になっていて燃えました。
ゴーカイでもデカレンジャー回で綺麗作っていましたし、今はそんなに大変なことではないのかな。

ゴーバス3話ゴリラバナナミサイル
肩部から射出されるミサイルはバナナモチーフで推進中に皮が剥けちゃう。
さらに、その皮を敵メカが踏んで滑ってこけるタイムボカン。

ゴーバス3話六機で責める
戦隊物で誰もが感じる疑問、「数で攻めればいいじゃん!」を大ボスのヒステリーで解消。
サバサバサバ…。


ゴリラとラビットはかなり好きなデザインだからもう少し活躍して欲しいです。
[特命戦隊ゴーバスターズ 第3話「GT-02アニマル、出撃!」]の続きを読む
ゴーバス2話ヨーコカロリー切れ
前回はゴーバスターズのお披露目回だったので、今回からキャラクター込みの物語がスタート。
三人のパーソナルな要素は引っ張ることなく紹介されました。

三人は体にワクチンプログラムを埋めこまれているからゴーバスターズになれるようです。
これって改造人間だと思うのですが、テレビ的にはOKなのかな。
それぞれのウィークポイントと言われる障害要素はコンピューター機械を模したものでした。
ヒロムは冷静に処理できないもの(鶏)を見るとフリーズ。
リュウジ(28)は長時間動き続けると熱暴走。
ヨーコはカロリー消費が激しく、少しでも足りなくなるとエネルギー切れ。
ヒロム以外、戦うにおいては死活問題ですね。

ゴーバス2話バーナーゾード
アポロガイストのお出ましだああああ!
今回はあっさり倒されてしまったメタロイド。
まさか正義の味方に取り押さえられているところを撃たれるなんてな…。

時間表示はもう少し小さくてもいいんじゃないかと思える。

ゴーバス2話エンド
今回は時間が余ったのでバスターマシンが全機発進。
といってもゴリラとラビットは救助活動のみ。
次回は戦うのかな。


ゴーバスターズは結構シリアスな要素が多いですね。
亜空間に放逐され、乗っ取られた研究所に乗り込むような話で親関連で一波乱有りそうな予感。

その一方で、空気を読めない男やツンデレちゃん、見守るおっさんがワイワイしていて見やすい印象。
相変わらず子供受けは悪そうですが、見やすくはあるかな。
お話的にはまだ本調子って感じではない印象。


三機がこの形態で並ぶと個性があっていいですね。
合体するためだけのデザインじゃない所が良い。
合体するんでしょうけど。

レジェンドモバイレーツ
さすがバンダイ、エゲツねぇぜ!!
[特命戦隊ゴーバスターズ 第2話「13年前の約束」]の続きを読む
ゴーバス1話フィニッシュ

派手だけど、地味だった!

画面中に文字が多いですし、幼児には難しいんじゃないかと思わせる第一話でした。
未だ、ゴーカイ脳なので殺陣もすごく地味だった、という印象。
動きは悪くないけど、子供的にはヒーローが遮蔽物に隠れたり、攻撃が利かなかったりするのは楽しくないんじゃなかろうか。
変身もビッシィィ!!って感じではありませんでしたし。

ロボット戦は発進からすごく力が入っていました。
ビースト形態もゴ◯イ◯ッダーと違い、合体するためだけの変形ではなさそうなので期待できそう。

ゴーバス1話ゴーバスターズ
頭かわいいな。

ゴーバス1話ヒロムチダ・ニック
       _ ____       ミ川川川川彡
     /;;;;;;;;_,;;;;;;;;;,;;;;;;;__;;ヽ   ミ
    /;;;;;/  __ \ ̄ /__\;;)  三 知らない男が
    |;;;;;'ゞ_/__ヽノノ ゞ∠_ヽノ/  三
   ,⊥、;;|  くO 〉  〈.0 } {   三 父ちゃんに跨がってる!!
  /   ゞ    ̄     ̄   ⌒ヽ三
  |    U         /二二ヽ }三  
  \__          |'⌒'⌒V /三
      ̄ヽ__     ゝ ニニノ/ 彡.
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~    彡川川川川ミ


フリーズしてたのは何だったのだろう。

第一話の印象はとにかく地味、と言った感じでした。
ま、来週から三人で戦うようですし、それからが本番、って感じでしょうか。


バイクが相棒っていうのはいいですね。
青と黄は何に変形するのだろう。
※ゴーバスターズは特撮感想カテゴリーに属します。
[特命戦隊ゴーバスターズ 第1話「特命戦隊、集結せよ!」]の続きを読む
ゴーカイ51話ゴーカイジャー (1)

           海賊戦隊ゴーカイジャー!!

ゴーカイ51話アクドスギル (1)
ついにアクドス・ギルと正面対決。
面倒だからと言わんばかりに人類ごとゴーカイジャーを処理しようとしていて笑った。

そんなアクドス・ギルですが、椅子に座りながらレッドとシルバーの攻撃を捌くというジャッキーばりのアクションを披露。
この時点ではラスボスとしての威厳を十二分に保っていました。
気になったのはVSアクドス・ギルの際、シルバーのテンションがおかしかった。
「この姿になった俺はひと味違うぜ!」
「テメーは俺だけ見てろ!!」

脚本通りなのか、鎧役の人のアドリブかは分かりませんが、マーベラスを継ぐ勢いでした。

ゴーカイ51話ゴーカイシューティングスラッシュ
地球に叩き落とされた後のアクドス・ギルさんはなかなか悲惨の一言。
最初はゴーカイチェンジラッシュを捌いていたものの、やがて一方的にボコボコに殴られる運命に。

ゴーカイ51話シルバーシルバーチャージ (3)
最期は「派手にウェ~ブ」で爆散。
相変わらずシルバーは贔屓されていますなあ。

ゴーカイ51話勝利

という訳で、ゴーカイジャーは最終回。
最後まですごく面白かったです。
役者の人達の演技も、スーツアクターの人達の殺陣もすごく見応えがありました。
ゴーカイチェンジは反則技だと思いますが、スタッフの方々がそれに胡座をかく事無く
「面白い物を作ろう!」という意志を持って制作しているのが画面からビシビシ伝わって来ました。

いい歳してこういうことを言うのも何ですが、大満足の作品でした。


マーベラスがアクドス・ギルに「久しぶりだな」と挨拶していましたが、劇場版か何かで対面したことがあるのかな。
[海賊戦隊ゴーカイジャー 第51話「さよなら宇宙海賊」]の続きを読む
ゴーカイ50話マーベラス
ゴーカイ50話ゴーカイジャー (1)

命をかけてこの星を守る!それがスーパー戦隊ってもんだろ!!

今回は凄く熱いお話でした。
過去のスーパー戦隊が希望を捨てずに戦ってきた姿を胸に秘め、自分達も懸命に生きようとしている。
その地球の人々の姿を見て、海賊は自分達が受け継いだ「大いなる力」がどういうものかを自分達で解釈し戦場に再び赴く、という流れが最高でした。
その中でゴーカイジャーの「大いなる力」である「夢を掴む力」が活きていたり、
鎧がスーパー戦隊オタから真のスーパー戦隊の一人へとなるための決断をしたりとぎゅうぎゅうに濃縮された濃さ。
海賊たちも満足そうな顔をしていたのも凄く良かった。

ゴーカイ50話伊狩鎧6人目の海賊

ゴーカイ50話ゴーカイジャー

残すところあと一話。
アクドスギルがちゃんと倒されるのかという不安はありますがとても楽しみです。
次回が待ち遠しい!


マジドラゴンがカトンボのように落とされたのは泣いた…。あとおもちゃの価格も…。
フィギュアーツゴーカイシルバーの価格も下がっていますし、もう終わりなんだな…というのを強く実感しちゃいます。
[海賊戦隊ゴーカイジャー 第50話「決戦の日」]の続きを読む

ゴーカイ49話サンバルカン
必殺技とテーマ曲のメドレー。
それにしても、ピンクがグリーン、グリーンがブラックというのは…。
色の都合がつかないのでしかたありません…と思いきやデンジマンにピンクいるじゃん!
ピンクに拳を振るわせたいだけちゃうんかい。
それとも破損してしまったのか。

ゴーカイ49話ゴーカイオー
こちらも大いなる力を連発。
風来丸がかませに…。

ゴーカイ49話グレートインサーン
今回はお姉ちゃんが熱いモノに貫かれたり、ゆかりんが嬲られ、弄ばれた後にくぱぁ…。
日朝スーパーヒーロータイムに過激すぎ…。

今回は五人(五組)一気に3分で消化。
宇宙最大のお宝使用への前置きとサービス的なことということでしょうか。
よくよく考えると、一年間多くの戦隊出演者が登場したものです。
そして来週はジュウレンジャー!
さらにアームドティラノレンジャーまで拝めるとは。

[海賊戦隊ゴーカイジャー 第49話「宇宙最大の宝」]の続きを読む
ゴーカイ48話相打ち
ついに決着したマーベラスとバスコの対決。
善戦したもののやはり一枚上手なのはバスコ。
しかし、サリーの良心が二度マーベラスを救い、バスコを打ち破る。

王道ですがいい決着でした。
二人の殺陣も宿命の対決に相応しい一騎打ちでした。
贅沢を言うのなら変身解除後にもう一撃欲しかったですね。
他のメンバーは生身の殺陣がありましたし。

ゴーカイ48話バスコ決着 (1)


ジョーさんが起き上がろうとしたレッドを制して「俺たちに任せろ…!」と言ったのは痺れました。
マーベラスがグダグダ言わずに、あっさり退いたのも信頼関係が見えて良かったです。
[海賊戦隊ゴーカイジャー 第48話「宿命の対決」]の続きを読む
ゴーカイ47話バスコ制圧

相変わらず強くて悪いやつだなあああああああ!!

ゆかりんを足蹴にするなど王国民が黙っちゃいないぜ…。

ゴーカイ47話バスコふーふー
もうあの頃には戻れないだろ…常識的に考えて。

次回でバスコとの対決は決着してしまうのでしょうか。
次回を含めてあと4話…。
個人的にはバスコとの決着をラストにして欲しいですが、裏切り者という役回り。
最終話にザンギャックを倒すのとバスコを倒すの、どちらが作品的に気持ちがいいかというと前者ですし無理か~。
案外生き残りそうですけどw


鎧はめっきりリーダーっぽくなってしまって。
ゴーカイジャーが地球を離れたら鎧が新たなスーパー戦隊を率いて地球を守るのかな。
[海賊戦隊ゴーカイジャー 第47話「裏切りの果て」]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。