ゲーム

ここでは、「ゲーム」 に関する記事を紹介しています。

真実の涙をもう一度 参加日記はここから


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイコブレイクkeeper

バイオハザードやデビルメイクライなど、数々の大ヒットゲームをプロデュースおよびディレクションをしてきた
三上真司の新作サバイバルホラー、サイコブレイクの感想です。PS4版をプレイしました。

ちなみにTOP画像はサイコブレイクのマスコットキャラクター、keeperさん。

ネタバレありです。

ストーリー
刑事セバスチャンとその相棒が凄惨な大量死亡事件の現場へ急行すると、そこには謎に包まれた強大な力が待ち構えていた。他の警察官が次々と殺害されていく姿を目撃するなか、セバスチャンは何者かに襲われ、意識を失ってしまう。目覚めた場所は化け物が徘徊する常に死と隣り合わせの狂気の世界だったが、セバスチャンは戦いながらも状況を理解していく。
想像を絶する恐怖に直面し、生き延びるために戦うセバスチャンはその強大な力の陰に潜む謎を解き明かすため、恐怖に満ち溢れた旅に出るのだった。
(Wikipediaより)

感想としては 難しいいいいいいいいいい!! ってな感じです。

まず主人公であるセバスチャンが貧弱すぎる!
おっさんなせいか、ダッシュ出来る時間が3秒程度。しかもスタミナが完全に切れるとハァハァと息切れして行動不能。
サイコブレイク息切れ
息切れするセバスチャンのイメージ図

パンチ攻撃をしても10発当てても最雑魚であるゾンビが死なない。(パンチで殺した時は物理的に弾けて肉まみれになります)
弱すぎぃッ!!
逆に2~3回ゾンビに殴られたらセバスチャンは死にます。

次は弾薬類少なすぎぃ…。
弾薬はプログラムによって超絶妙な入手調整がされており、ギリッッギリ!!!の弾薬事情が続きます。
無駄撃ちしたら…ヘッドショットを狙わなくては…ここで撃つと次の関門が苦しいか…スニークキル…やりすごすか…。
という状況がひたすら続きます。

サイコブレイクホーンテッド

次に雑魚であるはずのホーンテッド(ゾンビ)がタフ!!
まず序盤の武器であるリボルバー式拳銃で胴体を3~4発撃っても死なない。
基本的に敵はヘッドショットを狙わないと致命傷を与えられ無い上、クリティカルヒットしない限り一発では死にません。
前述したとおりパンチじゃもちろん死にません。
あとゾンビ賢すぎぃッ!!
斧投げてくるし遠距離からスナイプしてくるし罠使ってくるし性格にマシンガン使ってくるし防弾チョッキ着込んでるし、
仮面被ってヘッドショット防いでくるしブリーフ一枚で襲いかかってくるし…。

次はがんばれマップの仲間たちシリーズだあああああ!

ピアノ線式爆弾:村や建物等いたるところに設置されたトラップ!解除は簡単なので材料補充に嬉しいトラップだ!
トラバサミ:序盤にチラホラ見かけるトラップだ!殺傷力は低いもののボスによるワンパン即死攻撃を的確にサポートするぞ!
センサー爆弾:立ったまま近づくとアラームが鳴るので発見しやすいが、解除する際にタイミングをミスると大爆発!殺傷率ナンバー1!!


トラップは解除すると強力な弾薬(クロスボウのボルト)の材料になるので積極的に解除していきたいものの、センサー爆弾の解除に失敗すると大ダメージ、悪くて死亡。
他の大掛かりなトラップは基本即死です。

最後は作品を代表するボスたちだ!!

サイコブレイクサディスト

ゲーム開始はこいつのチェーンソーから逃げ切るところから始まるぞ!その名もサディストだあああああ!
その後も何度も登場するぞ!!

サイコブレイクラウラ実写

地獄の底から蘇ったお姉ちゃん!!ラウラたんだああああああ!とりあえず焼き殺せ!(画像は実写PVより)

サイコブレイクkeeper2

死んでも死なないアイツ!サイコブレイクのイメージキャラクター、キーパーたんだあああああ!
柵を越えるために頭をもぎ取る肉食系だ!

他にもいるボスたち!基本的に即死ワンパン攻撃を標準装備しているぞ!この先は君の目で確かめてくれ!!

基本死にゲー、トライ・アンド・エラーを繰り返してベターを探し殺戮を回避していくゲームです。
即死余裕なのでひたすら死にます。「あ、詰んだ…」というのがすぐに分かる。
死ぬかロードすればチェックポイントから再開できるのが唯一の救いであり、それ前提のチェックポイントの配置になっています。
何度でも殺らせろってな感じです。
ゲーム内の99%の要素が主人公を殺すことに特化していますね。

良い点
・緊張感がある。
・どんな方法でも攻略できる。
・吹き替えがカッコいい。

悪い点
・画面がビスタサイズで視野が狭く見辛い。
・死亡回数が多いのでロード時間(15秒程度)が長く感じる。
・即死攻撃多すぎ。
・初見殺し多すぎ。
・主人公が貧弱。
・ホラー的恐怖よりもビックリが強い。
・物語の全容が明かされない。
・紙の説明書がない。
・デカい有刺鉄線の棘に刺さった状態でロケットランチャーでラスボスを攻撃するという謎シチュエーション。

良い点悪い点はこんな感じですかね。

良い点は雰囲気を大事にしているのが好印象でした。

悪い点はサバイバル感、緊張感を高める要素がストレスを高めますね。この点は人を選びますね。
ストーリーに沿って話が進んでいるのに全容が明かされないは消化不良感は有ります。あと続編、DLC臭がね…。
よくよく考えると繋がりますが8割も埋められない感じです。
最後のシチュエーションは正直謎すぎでした。個人的に雰囲気台無し。


とても緊張感があるゲームでした。
即死要素が多いため、国会審議を邪魔する民主党並の牛歩戦術で進めるくらいの緊張感でした。
じわじわやってても死んでしまうあたりも民主党の戦術って感じでしたね。どうでもいいですね。
ボス戦なんかは全力で追いかけてくるわ、即死があるわ、BGMで煽るわで心臓ドキドキでプレイ。

無理ゲー要素やストレスゲー要素が強いため死にまくってると心が折れるのを飛び越えて死にたくなりますが
でもどうにかしてクリアしなきゃ!っていう気持ちを煽るために満身創痍で進める感じでした。

ストレス耐性が強い人は挑戦してみては?ッて感じですね。
特にホラーゲーってだけで食いつくエアプニコ厨なんかはやらないほうがいいですね(迫真)。
だれにでも薦められるゲームではありません!



[サイコブレイク PSYCHOBREAK マッドサイエンティスト大戦、巻き込まれた小市民達。そして誰もいなくなった]の続きを読む
スポンサーサイト
スパロボZ3


Zシリーズ最終章の前編、時獄篇の感想です。

ストーリーは版権キャラが暗躍する中、オリキャラが自分の目的を達成しようとするもの。
いつも通りですね。しかしラスボスは珍しく版権キャラが務めています。
サイズ∞のアイツです。


主人公は臭い中二キャラでしたが、今作の序盤はフルメタル・パニック!の神代高校が舞台となるので親和性が高いです。
ビーストハンターでジークンドーでアメリカ育ちなんだよ!らしいそうなので宗介を始めとした陸戦集団と互角の戦いを繰り広げます。
あとオカルトに詳しい。




主人公機はジェニオン。
みんな大好き万能機なので使いやすいです。
必殺技「ストームブリンガー」でとんでもないコックピットカットインが入りますが、単座の機体を無理矢理複座にしたからしょうがないんだ!!
恥ずかしいパイロットスーツは乗員の深層心理に応えた(という設定)らしいです。
ちなみに一緒に乗っている人は教育実習生。
初回搭乗時は私服でコックピットに座ってくれるので要チェックです。




時制限パワーアップとしてジェニオンGAIモードがあります。
1ターンのみなので活躍の場はあまりありません。
ゲイではありません(たぶん)。


スパロボの醍醐味といえば好きな作品、好きな機体を贔屓することですが、
今回は中盤から終盤にかけて参戦も結構ありやきもきさせられました。

ダブルオー勢はスポット参戦は早かったものの、部隊編入は31話以降と苦しかった。
クアンタに至っては49話。
YF-29デュランダル(バルキリー)スーパーパックも49話。お前は今作の目玉の一つじゃないんかい!


いつものスパロボといえばスパロボなので好きな作品が出てたら手を出してもいいんじゃないでしょうか。

ACV (1)
[PS3 ARMORED CORE(アーマード・コア)V 感想 その2]の続きを読む
ACV.jpg

文句を言いつつも購入しました「アーマードコア5」

機体の機動は前作「アーマードコア4 for Answer」が戦闘機だとすると、今作は戦闘ヘリと言った感じ。
市街地のような壁が多いステージですと三角跳びで素早く動き回れますが、平地ですといい的になります。
そもそもブーストのためのエネルギーが少ないためビュンビュンダッシュできない。


アセンブル(組み立て)は前作より簡単になったかな、という印象。
以前は機体各部につけるスタビライザーがありましたが、今作では廃止。
追加されているのはRECONとオーバード・ウェポンだけ(だと思う)

RECONは索敵のための装置。
今作では戦闘画面上のレーダーが無いため、RECONを射出しながら敵の位置を探りながら進みます。
「硬い」「速い」「長射程」「連射機能」というザコ敵が多いため適当に進むと集中砲火を受けてガリガリと耐久力を削られるので物陰からのRECONは必須。
またRECONの索敵範囲内なら遮蔽物があってもスキャンモードで透過できるため、後ろに回りこんで仕留めるという戦術も。

オーバード・ウェポンは規格外兵器。
一撃の威力が超強いらしいですがまだ入手していないのでなんとも。


難易度は個人的に前作より高い…気がします。
・雑魚が強い
・エネルギーが少ない割に敵機に連射持ちが多い
・武器に決め手がかける

私が下手ということもありますが、この辺りはキツイです。

通常ミッションはそうでもありませんが、ストーリーミッションは特に難しい。
昨日プレイしていたら鳥型の中ボスみたいなのが出てきたのですが、硬い、速い、ミサイル切れないでしんどかった。
攻撃が全然通らないのでね…。しかも同ミッションで2機目も出てきましたし。
2機目はスナイパーキャノンに換装(ミッション中に回復・換装が出来る地点がある)して狙撃して撃墜しました。(3~4発)

武器は使用していると強化(成長)するようなのでそれまでは耐えるしか無いのか。


と、1日プレイした限りでは上記のような印象でした。
また思いついたら何か書きます。


私は昨日GEOで購入。一軒目は売り切れていましたが二軒目ではヘッドセット付きを購入できました。
AC5キーコンフィグ

PS3で本日(2012.01.19)から配信されたARMORED CORE Vの体験版をプレイ。
最初の感想としては操作難しいいいいいいい!!!といったところでしょうか。
上の画像を見てわかるように同時操作がとても多いのです。
といっても毎回操作方法が変わるそうですが。

今回、プレイ出来るステージは2つ(オンライン解放時は3つ?)。
1つ目はチュートリアルステージ。
2つ目はストーリーのある通常ミッション。おそらく本編の導入となるお話(だと思う)。
チュートリアルを終えて、さあ行くぞ!と進むと四方から攻撃を受け、距離をとって応戦すると弾丸を弾かれ苦戦します。

楽しかった要素は壁ジャンプとハンガーシフト。
壁ジャンプは名前の通り壁を蹴って建造物を昇っていく操作。
今作はブースト上昇の高度が限られている?ためか導入されています。カッコイイ。

ハンガーシフトは武器の持ち替え。
肩のアームがグイーンと回転して武器の交換をしてくれます。カッコイイ。

難しいと思った要素はブーストチャージ。
ブーストチャージは体当たりなのですが、なかなか当てるのが難しいです。慣れかもしれませんが。

遮蔽物が多かったのでRECON(小型レーダー)やスキャンモード(省エネしつつ進路の確認やRECONと連動して敵を索敵)が重要になってきそうです。
今作は画面上にレーダーがないので敵の位置を戦闘モードでは索敵できないんですよね~。

ACVは戦場でやることが多そうで大変です。


オフ要素がどれほどのものかわからないため今のところ見送り。
しかし、体験版で疼いてしまった。
ワンダ飛龍

ICOに続き、ワンダと巨像をクリアしました。
コチラもICO同様、名作としての世論が高い作品。

生贄に捧げられた少女の魂を取り戻すために主人公ワンダが古の神ドルミンの命の下、16体の巨像を倒すというもの。
ワンダが愛馬アグロと共に古の地の平原や砂漠、遺跡を駆け抜けます。
フィールドは全てシームレス(ロード無し)で、古の地が一つの世界であることを実感させる作りになっています。

移動にはワープを一切使わず、馬か徒歩で移動。
これが移動距離が長いため、人によっては煩わしく感じてしまうかも。
私も道を間違えた時は少しイラッとしました。
一方で、各地にオブジェクトが配置されており、朽ち果てる前の古の地がどんな姿をしていたのか想いを馳せることができます。

フィールドには、いわゆる雑魚敵というものは一切存在せず、剣を振るうのはほぼ巨像のみ。
各地に配置された巨像を撃破するには、巨像の巨体に隠された弱点を見つけ出し、4~5回剣を突き立てる。
攻撃をかいくぐりつつ何十回も斬りつけるということはないのですが、巨像とワンダの体の大きさを考えると大変な労力を要します。
ICO以上の「掴みゲー」です。コントローラーが汗でヌルヌル。

巨像を倒すごとに、ワンダが滅びに近づいていると言う感覚が強くなっていくのが何とも苦しい。
悪霊(巨像)に取り憑かれ、衣服がボロボロになり足を引きずりながら歩くことになります。
そしてワンダ自身の身体もひび割れ、崩れていく…。
そして最後には…。


難点としてはフィールドが広く移動が面倒くさいということと、敵の揺れが酷く攻撃できないこと。
前者は重要なゲーム設計の部分なので口出しするのは間違っているとは思いますが、後者は少しキツイ。
小型巨像の牛と猪はずっとガクガクしている上に、ハメ殺ししてくるのでイライラしました。
せめてハメ殺しだけでもなくして欲しい。

ICO以上にアクション難易度と謎解き要素(ボス撃破時)が高いため、アクションが苦手という方には辛いかも。
あとエンディングもかなり切ないものになっているので、そういう要素が苦手な人には…。

個人的には結構煩わしく感じる部分が多かったです。
それでも巨像にとどめの一撃を突き立てた時は興奮しますが。
プレイヤーの技術にもよりますが、もう少し短時間で巨像の撃破が出来る作りならもっと入れ込めたかな、と思います。

それでも、余計な要素を削ぎ落としスマートに作られたゲーム性や
行き着く先を予感させるストーリー、世界の美術デザインにはとても惹きつけられました。
最後の到達点をムービー(製作者)に委ねさせず、プレイヤーに最後まで諦めるか、諦めないかを選択できたのはよかった。
プレイしてよかったと思います。


一番好きな巨像戦は砂蛇戦。アグロとの共闘と、あのビジュアルに追いかけられるスリルはたまらなかった。
嫌いなのは小型巨像二体と十六体目。
巨像戦中の音楽の切り替わりは、もう少し流れこむように移行するとよかったな、と思います。
lib056274.jpg
発売から3ヶ月…ようやくクリアしました。
初回プレイ時間は6時間程度だったんですけどね。

PS2のゲームで名作と謳われているICOですが、私は今回初プレイ。
新鮮な気持ちでプレイ出来ました。

「女の子を守る」という男の子なゲーム内容ですが、その世界観は凄く幻想的。
ゲームを進めていくとフィールドが陽と陰、に変わっていくことで希望と不安、両方を感じられました。
開放的でありながらも閉鎖された空間という孤島の城が舞台なので先を急ぎたい、脱出したいという気持ちにさせてくれるのも良かった。
万人向けでありながらも高度なゲームデザインな雰囲気ゲーだったと思います。

内容自体はとても短いですが、女の子を連れて謎解きをしていくという趣旨のゲームである以上、
これ以上長い距離を走るのは苦痛になると思うのでちょうどいいのかな、といった感想。

HDリマスターということで初体験をくっきりした画質でプレイ出来たのはよかったです。
もちろん最近のゲームと比べるとポリゴン数やテクスチャなんかは荒いのですが…。


個人的な難点はカメラワークですね。
プレイ中のカメラワークが演出に含まれているゲームなので仕方ないといえば仕方が無いのですが…。

アクション難易度自体はとても低いため、アクションは苦手だけど気になっている、という方にはオススメ。
むしろそういう方の向けといった感じ。
ヒントが少ないので、進行難易度はアクションよりも高めです。

キャラが濃ゆ~いゲームではありませんが、エンディングは凄く悲しかったです。
最後にイコが海岸に流れ着いた時はもうね…。
自覚がなくても感情移入していたということかな。


宮部みゆきさんの小説はよんだことあるけど、8年くらい前なので内容は忘れてしまった。
現在ワンダの巨像をプレイ中。
初期装備

ネタバレ有ります

[DARK SOULS(ダークソウル) 感想(日記)]の続きを読む
いやぁ、次元獣は強敵でしたね。
※ネタバレ有り
[第二次スーパーロボット大戦Z 破界編 クリア感想]の続きを読む
三話目はソレスタルビーイングを追ってアフリカへ「戦火を呼ぶ流星」。
OZ、ギルガメスの相手をしていると空からヒイロが登場。
バスターライフルでリーオーを蒸発させます。
ハハハハハ!ハハハハハハ!

そこに現れるグラハム・エーカー率いるユニオン・ブリタニア、そしてソレスタルビーイング。
民族紛争への介入じゃないのに「俺がガンダムだ」はおかしい。
せっちゃん命中率が低くてヒヤヒヤする。
キュリオスまじかっけえ。
ユニオン兵がブリタニア騎士を援護防御したりとなかなか面白い。専用台詞あり。

4話「混沌の洗浄」ではガンダムによってたかってボコられながらも寛大な心で共闘するクロウさんカッケーっす!
レッドショルダー強すぎ;;ガシガシ攻撃を当ててきます。
とりあえずクリア後にソレスタルビーイングに投降する選択肢を選びました。
さてどうなるものか…。


システムは小隊制を除くとスパロボZと変わらないかな。
新システムが使えるまで進んでいないというのもありますが。
ロード機能がないのは残念。


そんなこんなで感想終わり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。