好きなモノブログ。まとまりが無くてすみません。

真実の涙をもう一度 参加日記はここから


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイコブレイクkeeper

バイオハザードやデビルメイクライなど、数々の大ヒットゲームをプロデュースおよびディレクションをしてきた
三上真司の新作サバイバルホラー、サイコブレイクの感想です。PS4版をプレイしました。

ちなみにTOP画像はサイコブレイクのマスコットキャラクター、keeperさん。

ネタバレありです。

ストーリー
刑事セバスチャンとその相棒が凄惨な大量死亡事件の現場へ急行すると、そこには謎に包まれた強大な力が待ち構えていた。他の警察官が次々と殺害されていく姿を目撃するなか、セバスチャンは何者かに襲われ、意識を失ってしまう。目覚めた場所は化け物が徘徊する常に死と隣り合わせの狂気の世界だったが、セバスチャンは戦いながらも状況を理解していく。
想像を絶する恐怖に直面し、生き延びるために戦うセバスチャンはその強大な力の陰に潜む謎を解き明かすため、恐怖に満ち溢れた旅に出るのだった。
(Wikipediaより)

感想としては 難しいいいいいいいいいい!! ってな感じです。

まず主人公であるセバスチャンが貧弱すぎる!
おっさんなせいか、ダッシュ出来る時間が3秒程度。しかもスタミナが完全に切れるとハァハァと息切れして行動不能。
サイコブレイク息切れ
息切れするセバスチャンのイメージ図

パンチ攻撃をしても10発当てても最雑魚であるゾンビが死なない。(パンチで殺した時は物理的に弾けて肉まみれになります)
弱すぎぃッ!!
逆に2~3回ゾンビに殴られたらセバスチャンは死にます。

次は弾薬類少なすぎぃ…。
弾薬はプログラムによって超絶妙な入手調整がされており、ギリッッギリ!!!の弾薬事情が続きます。
無駄撃ちしたら…ヘッドショットを狙わなくては…ここで撃つと次の関門が苦しいか…スニークキル…やりすごすか…。
という状況がひたすら続きます。

サイコブレイクホーンテッド

次に雑魚であるはずのホーンテッド(ゾンビ)がタフ!!
まず序盤の武器であるリボルバー式拳銃で胴体を3~4発撃っても死なない。
基本的に敵はヘッドショットを狙わないと致命傷を与えられ無い上、クリティカルヒットしない限り一発では死にません。
前述したとおりパンチじゃもちろん死にません。
あとゾンビ賢すぎぃッ!!
斧投げてくるし遠距離からスナイプしてくるし罠使ってくるし性格にマシンガン使ってくるし防弾チョッキ着込んでるし、
仮面被ってヘッドショット防いでくるしブリーフ一枚で襲いかかってくるし…。

次はがんばれマップの仲間たちシリーズだあああああ!

ピアノ線式爆弾:村や建物等いたるところに設置されたトラップ!解除は簡単なので材料補充に嬉しいトラップだ!
トラバサミ:序盤にチラホラ見かけるトラップだ!殺傷力は低いもののボスによるワンパン即死攻撃を的確にサポートするぞ!
センサー爆弾:立ったまま近づくとアラームが鳴るので発見しやすいが、解除する際にタイミングをミスると大爆発!殺傷率ナンバー1!!


トラップは解除すると強力な弾薬(クロスボウのボルト)の材料になるので積極的に解除していきたいものの、センサー爆弾の解除に失敗すると大ダメージ、悪くて死亡。
他の大掛かりなトラップは基本即死です。

最後は作品を代表するボスたちだ!!

サイコブレイクサディスト

ゲーム開始はこいつのチェーンソーから逃げ切るところから始まるぞ!その名もサディストだあああああ!
その後も何度も登場するぞ!!

サイコブレイクラウラ実写

地獄の底から蘇ったお姉ちゃん!!ラウラたんだああああああ!とりあえず焼き殺せ!(画像は実写PVより)

サイコブレイクkeeper2

死んでも死なないアイツ!サイコブレイクのイメージキャラクター、キーパーたんだあああああ!
柵を越えるために頭をもぎ取る肉食系だ!

他にもいるボスたち!基本的に即死ワンパン攻撃を標準装備しているぞ!この先は君の目で確かめてくれ!!

基本死にゲー、トライ・アンド・エラーを繰り返してベターを探し殺戮を回避していくゲームです。
即死余裕なのでひたすら死にます。「あ、詰んだ…」というのがすぐに分かる。
死ぬかロードすればチェックポイントから再開できるのが唯一の救いであり、それ前提のチェックポイントの配置になっています。
何度でも殺らせろってな感じです。
ゲーム内の99%の要素が主人公を殺すことに特化していますね。

良い点
・緊張感がある。
・どんな方法でも攻略できる。
・吹き替えがカッコいい。

悪い点
・画面がビスタサイズで視野が狭く見辛い。
・死亡回数が多いのでロード時間(15秒程度)が長く感じる。
・即死攻撃多すぎ。
・初見殺し多すぎ。
・主人公が貧弱。
・ホラー的恐怖よりもビックリが強い。
・物語の全容が明かされない。
・紙の説明書がない。
・デカい有刺鉄線の棘に刺さった状態でロケットランチャーでラスボスを攻撃するという謎シチュエーション。

良い点悪い点はこんな感じですかね。

良い点は雰囲気を大事にしているのが好印象でした。

悪い点はサバイバル感、緊張感を高める要素がストレスを高めますね。この点は人を選びますね。
ストーリーに沿って話が進んでいるのに全容が明かされないは消化不良感は有ります。あと続編、DLC臭がね…。
よくよく考えると繋がりますが8割も埋められない感じです。
最後のシチュエーションは正直謎すぎでした。個人的に雰囲気台無し。


とても緊張感があるゲームでした。
即死要素が多いため、国会審議を邪魔する民主党並の牛歩戦術で進めるくらいの緊張感でした。
じわじわやってても死んでしまうあたりも民主党の戦術って感じでしたね。どうでもいいですね。
ボス戦なんかは全力で追いかけてくるわ、即死があるわ、BGMで煽るわで心臓ドキドキでプレイ。

無理ゲー要素やストレスゲー要素が強いため死にまくってると心が折れるのを飛び越えて死にたくなりますが
でもどうにかしてクリアしなきゃ!っていう気持ちを煽るために満身創痍で進める感じでした。

ストレス耐性が強い人は挑戦してみては?ッて感じですね。
特にホラーゲーってだけで食いつくエアプニコ厨なんかはやらないほうがいいですね(迫真)。
だれにでも薦められるゲームではありません!



[サイコブレイク PSYCHOBREAK マッドサイエンティスト大戦、巻き込まれた小市民達。そして誰もいなくなった]の続きを読む
スポンサーサイト
作詞者はジョン・ニュートン (John Newton,1725–1807)。作曲者は不詳。アイルランドかスコットランドの民謡を掛け合わせて作られたとしたり、19世紀に南部アメリカで作られたとするなど、諸説がある。
ジョン・ニュートンは1725年、イギリスに生まれた。母親は幼いニュートンに聖書を読んで聞かせるなど敬虔なクリスチャンだったが、ニュートンが7歳の時に亡くなった。成長したニュートンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に携わり富を得るようになった

当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる船内の衛生環境は劣悪であった。このため多くの者が輸送先に到着する前に感染症や脱水症状、栄養失調などの原因で死亡したといわれる。

ニュートンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが、1748年5月10日、彼が22歳の時に転機は訪れた。イングランドへ蜜蠟を輸送中、船が嵐に遭い浸水、転覆の危険に陥ったのである。今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったという。すると流出していた貨物が船倉の穴を塞いで浸水が弱まり、船は運よく難を逃れたのである。ニュートンはこの日を精神的転機とし、それ以降、酒や賭け事、不謹慎な行いを控え、聖書や宗教的書物を読むようになった。また、彼は奴隷に対しそれまでになかった同情を感じるようにもなったが、その後の6年間も依然として奴隷貿易に従事し続けた。のちに、真の改悛を迎えるにはさらに多くの時間と出来事が必要だったと彼は語っている。

1755年、ニュートンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の献金を重ねて牧師となった。そして1772年、「アメイジング・グレイス」が作詞された。歌詞中では、黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝が歌われている。
この曲のほかにも、彼はいくつかの賛美歌を遺している。



驚くべき恵み(なんと甘美な響きよ)
私のように悲惨な者を救って下さった。
かつては迷ったが、今は見つけられ、
かつては盲目であったが、今は見える。
神の恵みが私の心に恐れることを教えた。
そしてこれらの恵みが恐れから開放した
どれほどすばらしい恵みが現れただろうか、
私が最初に信じた時に。
多くの危険、苦しみと誘惑を乗り越え、
私はすでにたどり着いた。
この恵みがここまで私を無事に導いた。
だから、恵みが私を家に導くだろう。
そこに着いて一万年経った時、
太陽のように輝きながら
日の限り神への讃美を歌う。
初めて歌った時と同じように。


奴隷に対する贖罪は全く書かれていない、というお話。


GODZILLA.jpg

復活の大怪獣

観てきました!日本が誇る大怪獣ゴジラのハリウッド・リメイク作品。
ハリウッド・リメイク…うっ、頭が…。

ゴジラハリウッド

そうハリウッドというとアレを思い出してしまいますね。
マグロが好きなトカゲなアンチクショウ。
本編ではミサイルを二三発ブチ込まれて絶命し、日本製作の最終作「ファイナルウォーズ」では「G」の位を奪われ秒殺されたアイツです。
カナダ出身のバンドの曲をバックに焼き殺される適当さも悲しい。
実写版スーパーマリオ 魔界帝国の女神でなら活躍できただろうに…。



しかし、今回はそんな駄作ではなく、しっかりと日本の怪獣映画とハリウッドパワーが融合(3:7くらい)した作品となっています。
ネタバレ注意
[GODZILA ゴジラ 感想]の続きを読む
セミファイナル
とりあえず足ドンして威嚇する。
夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
ペダルを漕がなくても。何もしなくても。
ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。
当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。
交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、
蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。
家から電車でたかだか10個目くらい。
子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。
でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。

今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。
彼らもいつの日にか思うのだろうか。
今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、

あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。
もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。
あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。
犬ライム

犬いじわる

犬起きろー
くま武闘家

くま鮭

クマライオンにビビる

くまビビる

くまヘッドバンギング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。